朝比奈隆の第九 こんなに遅くていいの? いいんです!

目安時間:約 3分
  • 人気ブログランキング

朝比奈隆が、1988年12月~89年5月まで新日本フィルと行ったベートーヴェン交響曲チクルスは、ライブ録音され発売されています。

 

僕はリリースされてすぐ購入しました。

 

なんども聴いていますが朝比奈隆のベートーヴェンの解釈を知るうえで、欠かせない名盤です。

 

僕自自身は、朝比奈さんの演奏がもっとも充実していたのは、70年代後半と思っています。

 

朝比奈さんも70歳前後の頃で、大阪フィルが楽団生命を掛けたヨーロッパ公演を行った時期でもあります。

 

録音で聴くその当時のベートーヴェンの英雄、ブルックナーの7番は、永遠の名演だとずっと思っています。

 

一方、新日本フィルとの全集は、朝比奈さん80才過ぎの録音。

 

穴だらけ、隙だらけ、ムラだらけの演奏ですが、そこに音楽の感動があるのは、朝比奈さんの人間的な大きさだろうと思います。

 

じゃ、だめの全集じゃないの?と言われそうですが、そうではない!

 

僕のベートーヴェン全集の愛聴盤なのです。

 

貴方は欠点の全くない人間と付き合いたいとか、好きになりたいとか、愛したいと思いますか?

 

朝比奈さんの演奏には、多くの欠点を上回る感動と感銘がこの全集には、あります。

 

特に第九は、こんな遅くていいの!?と思うくらい。

 

普通70分前後の演奏時間の曲に79分も掛けています。

 

でも凄い演奏。何度も聴きたくなります。
僕の大好きな第九の演奏です。




音楽(クラシック) ブログランキングへ

クリック応援お願いします。

  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 



最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
タグ
ぶろぐ村

人気ブログランキング