エンリケ・バティスの名盤 ラテンアメリカ・クラシックス

目安時間:約 5分
  • 人気ブログランキング

40年前の1978年、大学生だった僕は先輩と二人で、アメリカとメキシコに行ってきました。

 

1ヵ月ほどの旅行でしたが、僕には、思い出深いものでした。

 

グレイハウンドのバス旅行でしたが、アメリカの国境を超えて、メキシコに入ると、それまでの快適な舗装路から、整備のあまりされていないような道に変わるのですが、これが国の力の差なのかと感じたものです。

 

 

ただ、当時のメキシコシティーは、メキシコオリンピックから10年しか経っておらず、良い意味で庶民的な街でした。

ホテルなども驚くほど安く、屋台で食べるタコスも美味しかったです。

 




英雄エンリケ・バティス 本場のラテンアメリカ・クラシックス

 

指揮者エンリケ・バティスは、メキシコの音楽界では、英雄的な存在で、ベートーヴェンやチャイコフスキーの交響曲全集なども残しています。

 

ベートーヴェンなんかかなり即物的で、あっけらかんとした内容で、ユニークな演奏極まりないですが、

 

さすが、本場のラテンアメリカの音楽になると特有の情熱を哀愁が濃厚に表現されていると思います。

 

 

演奏団体 : Mexico Festival Orchestra
指揮 : エンリケ・バティス
その他

アーティスト : シルヴェストレ・レブエルタス 、 フベンティーノ・ローザス
作曲 : マヌエル・ポンセ 、 Felipe Villanueva (1862 - 1893) 、 ホセ・パブロ・モンカージョ・ガルシア 、 Blas Galindo Dimas (1910 - 1993) 、 Chavez (y Ramirez), Carlos (Antonio de Padua) 、 エルネスト・アルフテル 、 フベンティーノ・ローザス 、 アルベルト・ヒナステラ 、 エイトル・ヴィラ=ロボス
プロデューサー : Brian Culverhouse

 

ラテンアメリカ・クラッシックス(メキシコ祝祭管/バティス)

 


Amazonでは中古も取り扱っています。

 

 

メキシコの新世代たちによる同様の新譜がリリースされましたが、それを聴くにつれ、メキシコの英雄:エンリケ・バティスとこのアルバムの偉大さを痛感しまくっております。 いつまでも古いものにしがみついていてはいけない、と分かっていながら、どう聴いても、あまりに違いすぎるもので。。。 音楽に限って言えば、経済的に豊かになり余裕ができることが本当に良いことなのか?、ついそう思ってしまったり…(良いことなんですが…)
ナクソス・ミュージック・ライブラリーのレビューより

 

 



「クラシック名盤 聴かずに死ねるか!」メルマガを始めました。

 

クラシック音楽の関する各種情報、お得な情報をご案内します。

メルマガ名は、「クラシック名盤 聴かずに死ねるか!」です。

 

ご登録はこちらから。もちろん無料です。

メルマガ「クラシック聴かずに死ねるか」登録はこちらです

  • 人気ブログランキング

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 






最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
タグ
メルマガ登録
ぶろぐ村