オイゲン・ヨッフムのベートーヴェン名盤 底力の第九の名演

目安時間:約 5分
  • 人気ブログランキング

オイゲン・ヨッフムのベートーヴェン名盤

 

ルードヴィッヒ・ヴァン・ベートーヴェン(1770-1827)
オイゲン・ヨッフム指揮
バイエルン放送交響楽団

 

交響曲第9番ニ短調作品125
第1楽章:Allegro non troppo, un poco maestoso 16:21
第2楽章:Molto vivace -Presto 11:21
第3楽章:Adagio molto e cantabile-Andante moderato 17:15
第4楽章:Presto-Recitativo-Allegro assai-
Alla marcia:Allegro assai vivace-Andante maestoso-
Allegro energico,sempre ben marcado-
Allegro ma non tanto-Prestissimo 24:19
1952年11月24日~26日、29日、12月1日~2日

 



オイゲン・ヨッフム 50歳渾身の名盤

しまった、甘く見ていた。

 

個人的にはヨッフムじいさんなんて親しみを込めて呼んでいたが、こんなに気合の入ったキレッキレっの演奏をしていたとは、

 

ヨッフムさんごめんなさい。

 

1952年と言えば、フルトヴェングラーも健在で、戦後の巨匠時代。

トスカニーニもワルターもシューリヒトもクナッパーツブッシュも
クレンペラーも健在だった時代。

 

ヨッフムは負けてはいなかったのです。

 

表情豊かで、時にはフルトヴェングラー張りのアッチェランドで盛り上げ、心臓を鷲づかみされたような興奮を与えてくれます。

 




1952年なのに、なぜ?

この録音を聴いてとても残念に思ったことがあります。

この録音年が1952年。

つまりフルトヴェングラーは健在、同時期の録音も残されています。

 

で、ヨッフムの録音はモノラルながら結構クリアで聴きづらくないんです。

 

ところがどうしてフルトヴェングラーは録音が落ちるのでしょうか?

 

それとも初出のLPの時はよくでCD化で悪くなったのでしょうか?

 

ヨッフムはグラモフォンで、フルトヴェングラーはEMIでレコード会社の技術の関係でしょうか?

 

僕は思うのは2人の録音に対する姿勢だったと思います。

 

フルトヴェングラーは録音の将来性に対して認識が低かったのでしょう。
それとも音楽は生演奏が全てと思っていたのでしょうか。

その両方だったのかと思います。

 

あとどこか読みましたが、フルトヴェングラーはせっかく録音スタッフが、設定したマイクなどを勝手に変更したりしたみたいですね。

 

亡くなってから60年以上経って、いまだにフルトヴェングラーの録音が重宝されている現状を見るととても残念に思います。

まとめ

この第九の録音を聴いて、ヨッフムがより大好きになりました。

 

またのめり込みたい指揮者が出てきました。

 

困ったなぁ、部屋にまたCDが溢れるなぁ。。。



にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村

クリック応援お願いします。

  • 人気ブログランキング

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 






メルマガ登録
最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
タグ
ぶろぐ村

人気ブログランキング