カール・ベームの運命 これぞベルリンフィルの響き

目安時間:約 3分
  • 人気ブログランキング

僕がクラシック音楽を聴き始めた'70年代の指揮者のアイドルは、
ヘルベルト・フォン・カラヤンとカール・ベームでした。

 

この両者のイメージは、カラヤンが絢爛豪華だか内容はイマイチ、
ベームが無骨だが、内容が充実しているという分かったようなわからんような総評だったように思います。

 

年齢はベームの方が14歳上で当時既に80才近い高齢で、
一方カラヤンの方は60代に入ったばかりで全盛時代を築いていました。

 

僕は、評論家宇野功芳氏の信奉者で、つまりアンチ・カラヤンで
生意気な中学生にもかかわらず、恥ずかしげもなく友人たちとカラヤンだ、ベームだと意見を戦わせていたものです。

 

さて、今日ご紹介するのはLPは、

 

ルードヴィッヒ・ヴァン・ベートーヴェン(1770-1827)
交響曲第5番ハ短調作品67「運命」

ウォルフガング・アマデウス・モーツァルト(1756-1791)
「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」
カール・ベーム(1894-1981)指揮
ベルリンフィルハーモニー管弦楽団

 

ベームのベートーヴェンというと70年代ウィーンフィルと録音した全集が有名ですが、演奏はウィーンフィルの美音に助かられた感のある演奏で物足りないものでした。
※ただ最近はこの寛容で穏やかな演奏も悪くないと思うようになりましたが。。。

 

しかし、このベルリンフィルとの運命はすごい!
LPジャケットには録音年月日が記載されていませんが録音状態の良いモノラルなので、多分50年代後半と思われます。

 

録音当時ベームは60歳前後。芸術家としてもっとも脂の乗り切っていた時期でしょう。

 

こんな厳しく気魄のこもったベートーヴェンはなかなか聴けないでしょう。聴いていて背筋がピンと伸びる思いがする演奏です。

 

ベームのベルリンフィルとの名盤は、他にベートーヴェンの英雄とブラームスの交響曲1番がありますが、それと比肩する名盤だと思います。

 

なお、モーツァルトのアイネ・クライネ・ナハトムジークの方は肩の力を抜けた暖かい演奏です。





音楽(クラシック) ブログランキングへ

クリック応援お願いします。

  • 人気ブログランキング

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 






メルマガ登録
最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
タグ
ぶろぐ村

人気ブログランキング