クラシック名盤 カラヤン32才の新世界

目安時間:約 2分
  • 人気ブログランキング

アントニン・ドボルザーク(1841-1904)
交響曲第9番ホ短調作品95「新世界より」
ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
1940年3月録音

 

カラヤンがベルリンフィルを初めて振ったのが、1938年のこと。
素晴らしい演奏で「奇跡のカラヤン」と言われたほどでした。

 

しかし、その後、フルトヴェングラーが亡くなる1954年までに、
カラヤンは、わずか10回しかベルリンフィルを振りませんでした。

 

一方、チェリビダッケは、400回も指揮していました。
一時は誰の目にもチェリビダッケが、フルトヴェングラーの後継者と映ったことでしょう。

 

この1940年の演奏はカラヤン32才の録音。
若さほとばしる演奏かと思うとそうでなく、
今ひとつ、まどろっこしい演奏になっています。

 

このCDでは、フルトヴェングラーの最高の演奏と評判の
シューマンの第4交響曲とのカップリングですが、
これってわざとかな?




音楽(クラシック) ブログランキングへ

クリック応援お願いします。

  • 人気ブログランキング

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 






メルマガ登録
最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
タグ
ぶろぐ村

人気ブログランキング