クラシック名盤 カール・ベーム&ベルリンフィルの歴史的ハフナー

目安時間:約 2分
  • 人気ブログランキング

W・A・モーツァルト(1756-1791)
交響曲第35番ニ長調K385「ハフナー」
カール・ベーム指揮
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
1951年4月9日録音

 

 

これは凄い名演です。

 

ガッチリとして構成力と迫力、ベルリンフィルの厳しい響きが素晴らしいです。

 

1951年と言えば、カール・ベーム56才。

カール・ベームが日本でカリスマ的人気を集めたのが70年代になってからで、特にウィーンフィルとの演奏が評判が高かったですが、やや脱力系の演奏もないではありませんでした。

 

ところが特に50年代にベルリンフィルと録音した演奏は、
どれも厳しい造形と気迫に満ちたもので、

 

特にブラームスの第1交響曲、ベートーヴェンの英雄は、超名演です。

この演奏が聴けたことに感謝します。



音楽(クラシック) ブログランキングへ

クリック応援お願いします。

  • 人気ブログランキング

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 






メルマガ登録
最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
タグ
ぶろぐ村

人気ブログランキング