クラシック名盤 トスカニーニ 快速モーツァルトの中に

目安時間:約 4分
  • 人気ブログランキング

モーツァルト(1756-791)
交響曲 第29番 イ長調 K.201
交響曲 第35番 ニ長調 K.385「ハフナー」
交響曲 第38番 ニ長調 K.504「プラハ」
アルトゥーロ・トスカニーニ指揮
NBC交響楽団
1944/9/3(29番)、1946/11/3(35番)、1939/2/4(38番)

 

トスカニーニとモーツァルトというとあまりピンときませんが、
イタリアのMEMORIES EXCELLENCEから3枚組でモーツァルトの主要交響曲6曲とハフナーのリハーサル風景を収録した興味深いCDが出ています。

 

早速聴いてみると録音はさすがに古いですが、
どの曲も快速なテンポの中に感興の赴くまま、感情の起伏のように
微妙なニュアンスを散りばめて実に暖かいモーツァルトを聴かせてくれるのです。

 

3曲の中では録音も含めて第35番「ハフナー」が傑作です。

きりりと引き締まった演奏ですが、だから第2楽章の繊細さが余計浮き彫りになりトスカニーニもこんな優しい演奏するんだ、なんて思います。

 

第29番、第38番「プラハ」は録音が古いため響きは冴えませんが、

引き締まった筋肉質の演奏を聴かせてくれます。

 

3曲共に言えることは、緩徐楽章における優しさが、前後の楽章が快速テンポだったり、メヌエット楽章が素っ気なかったりとするので余計、その心安らぐ雰囲気がたまりません。

 

僕はトスカニーニがいままで苦手でほとんどその録音を聴いてきませんでした。

 

理由としては、まず録音が古い。
演奏も曲や演奏に対する情熱は凄く感じるのですが、
どの演奏を聴いても、まるで怒っているような印象を受けて
あまり好きになれませんでした。

 

でもそれは録音のせいだったり、聴き手の僕の感じ方の問題だったりで、
いま一番興味を感じている指揮者です。

 

快速テンポだから、ふと見せる弦楽器のカンタビーレやレガート、
木管楽器のチャーミングさに魅せられてしまいます。

 

興味ある方はぜひ聴いてみてください。↓
交響曲第29、35、38、39、40、41番 アルトゥーロ・トスカニーニ&NBC交響楽団(1937-1948)(リハーサル付)(3CD)
icon

後期傑作の3曲は次にコメントします。




音楽(クラシック) ブログランキングへ

クリック応援お願いします。

  • 人気ブログランキング

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 






メルマガ登録
最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
タグ
ぶろぐ村

人気ブログランキング