クラシック名盤 マッケラスのモーツァルト40番

目安時間:約 2分
  • 人気ブログランキング

ウォルフガング・アマデウス・モーツァルト(1756-1791)
交響曲第40番ト短調K550
チャールズ・マッケラス指揮
ロンドン・フィルハーモニック管弦楽団
1975年4月15日

 

チャールズ・マッケラス(1925-2010)は、オーストラリア人の両親のもと、アメリカのニューヨーク州に生まれました。

 

シドニー音楽院で学んだ後渡英し、またさらにイギリス政府の奨学生としてプラハに赴き、ターリヒに師事しました。

 

ターリヒからヤナーチェクの存在を知らされ、イギリスに戻った後にこの作曲家の主要作品を紹介した功績は、英国音楽史上に記憶されることです。

 

僕は、もう20年以上も前、マッケラスのモーツァルト交響曲第29番を聴いて非常に感銘を受け、しばらく愛聴していましたが、そのCDがいま見つからず、ただいま残念な状態です。

 

この40番も正攻法の演奏ですが、何か心の琴線に触れて来る演奏なんですね。
29番の時もそうでしたが、どこがどうと言えないのですが、サムシングエルスを感じさせる演奏です。





音楽(クラシック) ブログランキングへ

クリック応援お願いします。

  • 人気ブログランキング

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 






メルマガ登録
最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
タグ
ぶろぐ村

人気ブログランキング