コンビチュニー&ゲヴァントハウス管 ベートーヴェン交響曲第3番”英雄”

目安時間:約 4分
  • 人気ブログランキング

ベートーヴェンの英雄交響曲は、ベートーヴェンのシンフォニーの中では一番好きな曲です。

ワーグナーは、この曲の4つの楽章は、活動、悲劇、寂境、愛とし、真のベートーヴェンの姿が現れていると評しています。

 

何度聴いても尽きない魅力に溢れています。

 

ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン - Ludwig van Beethoven (1770-1827)
交響曲第3番 変ホ長調 「英雄」 Op. 55
Symphony No. 3 in E-Flat Major, Op. 55, "Eroica"

 

1.(19:40) I. Allegro con brio
2.(15:48) II. Marcia funebre: Adagio assai
3.(06:07) III. Scherzo: Allegro vivace
4.(11:24) IV. Finale: Allegro molto
total(52:59)

 

ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団 - Leipzig Gewandhaus Orchestra
フランツ・コンヴィチュニー - Franz Konwitschny (指揮)

録音1959年~61年


ベートーヴェン"英雄" コンヴィチュニー指揮ゲヴァントハウス管弦楽団

 

ベートーヴェン:交響曲全集 フランツ・コンヴィチュニー指揮 ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団、他

 

コンビチュニーの英雄を聴くと、気は優しくて力持ちという英雄像を連想します。

遅めのテンポでの確かな足取りがそう思わせるのでしょうか。

 

四文字熟語だと、質実剛健にして気宇雄大がぴったりですね。

本当に頼もしくなる演奏です。

 

こんな演奏を聴くとフランツ・コンビチュニーには、もっと長生きしてほしかったですね。

 

指揮者としては働き盛りの61才、しかも演奏旅行中の急逝。

大酒のみだったそうですが、それが寿命を縮めたんでしょうか?

 

もっと長命だったらどんな凄い演奏を聴かせてくれたかと思うと、残念でなりません。




音楽(クラシック) ブログランキングへ

クリック応援お願いします。

  • 人気ブログランキング

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 






最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
タグ
メルマガ登録
ぶろぐ村