クレンペラー マーラー「復活」生々しきライヴ

目安時間:約 2分
  • 人気ブログランキング

グスタフ・マーラー(1860-1911)
交響曲第2番 ハ短調 「復活」

 

オットー・クレンペラー指揮ウィーンフィルハーモニー管弦楽団
ガリーナ・ヴィシネフスカヤ(Galina Vishnevskaya)
ウィーン楽友協会合唱団(Choir of the Wiener Singverein)
1963年6月21日 アン・デア・ウィーン劇場(ライヴ録音)

 

重量級の演奏です。
マイクの位置の関係か、すごい生々しい演奏の音を捕えています。

 

クレンペラーは、マーラーの直接の後輩で、録音もかなりしていますが、
中でも第2番「復活」は、何種類かの録音も残されていて、62年のフィルハーモニア管とのスタジオ録音が名盤として有名です。

 

この録音が、その翌年のウィーンフィルとのライヴ録音です。

 

クレンペラーを聴くなら60年代と言われますが、遅いテンポと克明な表現、そして堅牢な構成の中に見せる情熱と情感は、ハードボイルドの主人公を見るようです。

 

20世紀の巨匠クレンペラーの貴重な録音です。




音楽(クラシック) ブログランキングへ

クリック応援お願いします。

  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 






メルマガ登録
最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
タグ
ぶろぐ村

人気ブログランキング