クレンペラーのモーツァルト 得意のレパートリーは交響曲第29番

目安時間:約 6分
  • 人気ブログランキング

クレンペラーは、

その外見から武骨でいかつい雰囲気ありますが、

 

モーツァルトやメンデルゾーンなどは、

ぞくぞくするようなチャーミングで優雅な演奏を残しています。

 

例えば、メンデルゾーンのスコットランド交響曲や真夏の夜の夢、

モーツァルトでは、最晩年に録音したセレナード変ホ長調 K375など。

 

また交響曲では、モーツァルト18歳の時の佳作、

第29番を好んでプログラムに取り上げています。

 

さて、今日はクレンペラーの演奏による

モーツァルトの交響曲第29番を取り上げます。

 

彼はこの曲を相当愛していたようで、

8曲の録音が僕の手元にあります。

 

特に、VENIASレーベルから出ている

「Otto Klemperer The Collection」CD72枚組には、

1950年から63年に掛けての7件の録音が収録されています。

 




クレンペラーのモーツァルト 交響曲第29番について

 

ウォルフガング・アマデウス・モーツァルト(1756-1791)
交響曲第29番イ長調 K.201

 

1774年の2月から4月にかけて

ザルツブルクで書かれたもので、

ときにモーツァルトは18歳でした。

 

パリに、イタリアで、そしてウィーンに旅行して、

その先々で特徴あるその地の音楽を吸収し、

その影響を作品の中に現しているころで、

ハイドンの影響が多くみられる傑作です。

 

そして、のちに出現する最盛期の傑作の予感を感じさせる曲です。

 

第Ⅰ楽章 Allgro Moderato
第Ⅱ楽章 Andante
第Ⅲ楽章 Menuetto:Trio
第Ⅳ楽章 Allegro con spirit



クレンペラーのモーツァルト 7つの第29番

 

VENIASレーベル「Otto Klemperer The Collection」CD72枚組には、

なんと7つの違う演奏が収録されています。

 

古い順に並べてみます。

 

1950年12月20日 RIAS交響楽団
1954年02月08日 ケルン放送交響楽団
1955年12月28日 北ドイツ放送交響楽団
1956年04月12日 バイエルン放送交響楽団
1956年07月12日 アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団
1956年09月09日 ケルン・ギュルツェニヒ管弦楽団
1963年12月19日 フィルハーモニア管弦楽団

 

全部一通り聴いてみて感じたのは、

クレンペラー自身この曲には並々ならぬ愛情を注ぎ、

心優しい演奏を展開しています。

 

特に僕は、50年のRIAS響と63年のフィルハーモニア管との録音が好きです。

 

50年盤は、何とも言えぬ愛情いっぱいの演奏なのです。
モノラルですが、録音は十分きれいです。

 

一方の63年盤は、50年盤によりスケールの大きさと

大らかさを感じさせ、ステレオのライブ録音ということで、

その中にメリハリがあり、くっきりとした造形に描き切っています。

 

65年の同じフィルハーモニア管とスタジオで正規録音をしていますが、

ライブならではの緊張感も高いので、僕はこちらの演奏が上だとと思います。

 



まとめ

 

クレンペラーは、モーツァルトの交響曲の中でも

特別この第29番を愛していたようで、

 

このCD72枚セットの中にモーツァルトの交響曲は、

全部で15曲収録されていますが、なんと29番が、15曲中7曲なのです。

 

それ以外では、25番と41番“ジュピター”が2曲ずつ、

35番、38番、39番、40番が1曲ずつでした。

 

クレンペラーのように一見無愛想で、武骨な大男が、

モーツァルトの交響曲の中でも特にチャーミングな曲想持つ

29番を心優しく演奏するのを聴くと、

世の中は面白いと思うし、クレンペラーの懐の深さを感じるのです。

 




  • 人気ブログランキング

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 






メルマガ登録
最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
タグ
ぶろぐ村

人気ブログランキング