シューリヒトのベートーヴェン交響曲第7番 掘り出し物の名演

目安時間:約 5分
  • 人気ブログランキング

シューリヒトのベートーヴェン

 



 

ルードヴィッヒ・ヴァン・ベートーヴェン(1770-1827)
交響曲第7番 イ長調 作品92
カール・シューリヒト指揮
ウィーンフィルハーモニー管弦楽団

 

第1楽章:Poco sostenuto-vivace 11:37
第2楽章:Allegretto 08:04
第3楽章:Presto 07:29
第4楽章:Allegro con brio 06:52
1956年12月10日ライヴ

 

この演奏が収録されているCDは、ジャケットを見ると2003年にクロアチアのMetoromusicaというレーベルから出ているもので、

 

1949年から1963年のシューリヒトのベートーヴェンの交響曲の演奏を集めたもので、第8番がないのと、バックハウスとの協演の"皇帝"が収録されています。

 

新宿のディスクユニオンで購入したもので、曲ごとに聴いています。

 

さて、期待しないところで名演・名盤に出会うほど嬉しいことはありません。

シューリヒトのベートーヴェン交響曲第7番

シューリヒトとウィーンフィルとの交響曲第7番がいいのです。

 

この曲が収録されているCDは、第6番"田園"とセットになっています。

 

"田園"の方は、福島章恭氏著「交響曲CD 絶対の名盤」で触れていますが、この第7番については、取り上げている記述に触れてことがありませんでした。

 

"田園"の方のオーケストラは、シュツットガルト放送響で、僕は、"田園"、"第7番"と続けてい聴いていてオーケストラの響きが変わったので、

 

ん!?とジャケットを見直すとウィーンフィルとありました。

 

やっぱり!明らかに響きが違うのです。

 

ウィーンフィルの方が明らかに香り、コクが良いのです。

なんと表現したいいのでしょうか。

 

シューリヒト&ウィーンフィルの得も言えぬチャーミングな響き

シューリヒトとウィーンフィルの響きは、なんと表現したらいいのでしょうか?

 

いまから60年以上前の56年の録音。
実況録音でしかもモノラル。

 

マイクの位置の関係か、木管楽器が前面に出ていて、奏者の息遣いまで分かるくらいです。

 

それが幸いしたというか、全体的にチャーミングで格調が高い印象が前面に出ています。

 

どこにも激しいとこはありません。気負ったところもありません。

全体はチャーミングさと優しさと潤いと豊潤さに溢れています。

 

こんな豊かな演奏はそうないのではないでしょうか。

 

僕は掘り出し物名演に出会えた嬉しさで満足した1枚でした。

 



にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村

クリック応援お願いします。

  • 人気ブログランキング

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 






メルマガ登録
最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
タグ
ぶろぐ村

人気ブログランキング