ショルティ&シカゴ響 ブラームス交響曲全集 忘れられた名盤

目安時間:約 5分
  • 人気ブログランキング

ブラームス:交響曲第4番 ホ短調 作品98
※ブラームス:交響曲全集より

 

ゲオルグ・ショルティ指揮
シカゴ交響楽団
1978年5月録音

 

僕が割とコンサートに通っていた1980年は、ショルティ&シカゴ響は、ひとつのブランドでした。

 

友人と、ショルティ&シカゴ響か小澤&ボストン響は、一度は聴きたいね、と話していたほどです。

 

そのショルティも1997年に84才で亡くなってからは、おびただしい数の録音がありながら、再販などあまりないように感じます。

これは僕が、ショルティに興味がないからそう感じているのかもしれませんが、、、

 

ところが先日部屋の掃除ついでにコレクションのLPを見ていたら、ショルティ&シカゴ響のブラームス交響曲全集を見つけました。

 

そう言えば独身時代に買ったなあ、と思いながらさっそく第4番を聴いてみました。

 

これがなかなか良いではないですか!

 

全体に切れ味鋭い機能美を感じさせる演奏ですが、第2楽章などは、ぐっと感情を抑えた演奏で、他の楽章との対比がなかなか憎い演出です。

 

聴き終わった後には、なにか爽快な感じも受けました。
聴かず嫌いは止めて、ショルティも少し聴いてみようか。

 



 

ショルティ&シカゴ交響楽団 ブラームス交響曲

 

ヨハネス・ブラームス - Johannes Brahms (1833-1897)
交響曲第4番 ホ短調 Op. 98
Symphony No. 4 in E Minor, Op. 98

 

シカゴ交響楽団 - Chicago Symphony Orchestra
ゲオルク・ショルティ - Georg Solti (指揮)
録音: May 1978, Medinah Temple, Chicago, United States

 

1.(12:41) I. Allegro non troppo
2.(12:53) II. Andante moderato
3.(06:13) III. Allegro giocoso - Poco meno presto
4.(10:18) IV. Allegro energico e passionato - Più allegro

total(42:05)

 

ブラームス:交響曲全集、悲劇的序曲、大学祝典序曲(4CD)
ショルティ&シカゴ交響楽団

1978年から1979年にかけてのステレオ録音。セッションに使用された会場は、ショルティ&シカゴ響黄金時代のサウンド・イメージを世界に広めたシカゴのメディナ・テンプルで、名エンジニア、ケネス・ウィルキンスンの手腕が奏功してか、30年経った現在聴いても実に素晴らしいサウンドです。
演奏内容は、1970年代のベートーヴェン全集同様、きわめて剛直・骨太で構築的な仕上がりを見せるものですが、叙情的な場面での気遣いもなかなかのもの。オーケストラのパワーと表現力がフルに生かされたきわめて立派な演奏です。HMVより

 

 

ブラームス:交響曲第4番 悲劇的序曲 ゲオルグ・ショルティ 、 シカゴ交響楽団

 




音楽(クラシック) ブログランキングへ

クリック応援お願いします。

  • 人気ブログランキング

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 






最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
タグ
メルマガ登録
ぶろぐ村