ティントナー 神がかりのブルックナー

目安時間:約 3分
  • 人気ブログランキング

ブルックナー(1824-1896)
交響曲第4番 変ホ長調『ロマンティック』
1878/80版 ハース版

 

ゲオルグ・ティントナー指揮
ロイヤル・スコティッシュ・ナショナル管弦楽団

1996年10月16日&17日

 

ゲオルグ・ティントナー。
現在、僕が一番心惹かれる指揮者。
1917年ウィーンの生まれ、1999年10月に自殺。

 

悪性の腫瘍に侵されていて、それを苦にしたのか、
それとも意識が混濁するほど病魔が進行していたのか、、、

 

でも晩年に録音したブルックナーの交響曲全集により、
ティントナーの名前は永遠に残るでしょう。

 

世代的にいうとバーンスタイン、クーベリック、ジュリーニが同世代。
ショルティ、ザンデルリンクが5歳上で、ケーゲルが3歳下。

 




ティントナーの苦難の人生

幼少期より音楽の教育を受け、19才でウィーン・フォルックスオーパーの仕事に就きこれからプロとしての船出の時期に、ユダヤ系ということでナチスの迫害を受け、苦難の生活が始まりました。

 

そしてナクソスのブルックナーの交響曲全集の指揮者として迎えられたのが、1994年でなんと77才の時。この辺の事情はまた改めます。

 

そしてナクソスの一大プロジェクト、ブルックナーの交響曲全集を完成し、一躍世界中の音楽ファンの注目を集めましたが、既に病魔に侵されていました。

 

ティントナーの指揮は、虚飾を排し、禁欲的で旋律の歌わせ方も素朴ですが、このままずっと聴いていたい、浸っていたいという懐かしさ、心地よさがあります。

 

ここしばらくティントナーのブルックナーの宇宙を彷徨ってみたいと思います。



音楽(クラシック) ブログランキングへ

クリック応援お願いします。

  • 人気ブログランキング

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 






メルマガ登録
最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
タグ
ぶろぐ村

人気ブログランキング