ハスキルとマルケヴィッチ モーツァルトピアノ協奏曲第20番&24番

目安時間:約 5分
  • 人気ブログランキング

ハスキル&マルケヴィッチの名盤です。

モーツァルト弾きとして名を馳せたクララ・ハスキルの亡くなる1ヵ月前のまさに最晩年の録音です。

 

モーツァルトのピアノ協奏曲の中の短調の2曲。
第20番と第24番の中でも最高の名盤と言われています。

 

ハスキルの磨き抜かれたタッチの美しさ、ときおり僅かなルバートを伴いながら歌われる旋律線の絶妙さの素晴らしさ。

 

1960年のステレオ録音ですが、今回の復刻でハスキルのタッチが驚くほど明確になっています。

以前よりもより深い感銘を得ることが出来ました。

 

クララ・ハスキルは、この録音が1960年11月14日から18日行われた後、1ヵ月も経たない12月7日にベルギー・ブリュッセル駅での転倒によるケガが元で急死しています。

 



ハスキルの名盤 モーツァルトピアノ協奏曲第20番&24番

 

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト - Wolfgang Amadeus Mozart (1756-1791)
ピアノ協奏曲第20番 ニ短調 K. 466
Piano Concerto No. 20 in D Minor, K. 466

 

1.(13:30) I. Allegro
2.(09:36) II. Romance
3.(07:06) III. Rondo: Allegro assai
total(30:12)

 

クララ・ハスキル - Clara Haskil (ピアノ)
コンセール・ラムルー管弦楽団 - Orchestre des Concerts Lamoureux
イーゴリ・マルケヴィチ - Igor Markevitch (指揮)

 

=================================

 

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト - Wolfgang Amadeus Mozart (1756-1791)
ピアノ協奏曲第24番 ハ短調 K. 491
Piano Concerto No. 24 in C Minor, K. 491

 

4.(13:15) I. Allegro
5.(07:17) II. Larghetto
6.(09:01) III. Allegretto
total(29:33)

 

クララ・ハスキル - Clara Haskil (ピアノ)
コンセール・ラムルー管弦楽団 - Orchestre des Concerts Lamoureux
イーゴリ・マルケヴィチ - Igor Markevitch (指揮)

録音: 1960年11月14-18日 パリ、メゾン・ド・ラ・シミ

 

モーツァルト:ピアノ協奏曲第20番, 第24番(ハスキル/コンセール・ラムルー管/マルケヴィチ)

 

暗く悲劇的な緊張感と優美な慰めが隣り合い、憂愁を帯びた独特の情感が横溢する、短調で書かれた第20番。充実した交響的手法で劇的なパトスを表現した同じく短調の第24番。モーツァルトのピアノ協奏曲の名作2曲を、モーツァルト演奏家として一世を風靡したハスキルがこの世を去る1カ月前に、マルケヴィチと録音した貴重なアルバムです。
タワーレコードより

 



  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 






最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
タグ
メルマガ登録
ぶろぐ村