フルトヴェングラーの名盤 シューベルトの未完成が凄い!

目安時間:約 2分
  • 人気ブログランキング

シューベルトの未完成が凄い

フランツ・シューベルト
交響曲第8番ロ短調「未完成」
ウィリヘルム・フルトヴェングラー指揮
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
1948年10月24日

 

第1楽章の出だしが何とも言えない。

 

地の底から湧き上がってくるように開始される。

 

最初の出だしなど、聴こえないくらい小さい音なのだ。



フルトヴェングラーならではの名演

チェロが奏でる第二主題の深い影の表情もぐっとくるし、
その後のバイオリンのレガートも美しい。

 

ベートーヴェンと違って、この未完成はフルトヴェングラーは、
演奏し辛いらしく、演奏前はそわそわしていたそうです。

 

でも、どこもかしこもフルトヴェングラーの個性が出ていて、
僕はこの未完成を聴いて、フルトヴェングラーから離れらなくなりましたね。

 

これからもっともっとフルトヴェングラーを聴いていく上で、
この未完成が忘れられない演奏になるでしょう。





音楽(クラシック) ブログランキングへ

クリック応援お願いします。

  • 人気ブログランキング

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 






メルマガ登録
最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
タグ
ぶろぐ村

人気ブログランキング