ブロムシュテットの名盤 ベートーヴェン交響曲全集 入門編にあらず

目安時間:約 5分
  • 人気ブログランキング

ブロムシュテットの名盤 ベートーヴェン交響曲全集

 



 

ルードヴィッヒ・ヴァン・ベートーヴェン(1770-1827)
交響曲全9曲
ヘルベルト・ブロムシュテット指揮
シュターツカペレ・ドレスデン

 

交響曲第1番ハ長調作品21    27:10 1976年
交響曲第2番ニ長調作品36  36:27 1978年
交響曲第3番変ホ長調作品55"英雄" 49:17 1979年
交響曲第4番変ロ長調作品60 35:40 1979年
交響曲第5番ハ短調作品67   37:11 1977年
交響曲第6番ヘ長調作品68"田園"  41:31 1977年
交響曲第7番イ長調作品92   42:16 1975年
交響曲第8番ヘ長調作品93   26:35 1978年
交響曲第9番ニ短調作品125  72:18 1980年

 

ブロムシュテットは1927年(昭和3年)生まれなので、今年で89才。

 

なんと現役でしかもこの10月から11月に掛けてバンベルグ交響楽団と来日公演を行います。

 

僕がコンサートで一番感動したのがブロムシュテットです。
もう20数年前聴いたマーラーの“巨人”が素晴らしかったですね。

 

ちょうど同時期にズビン・メータでも同じプログラムを聴きましたが、雲泥の差でした。芸術家としての格の違いを思い知らせされました。

 

 

ブロムシュテットの全集は入門編に良しされど

 

さて、ブロムシュテットが1975年~80年に掛けて録音したベートーヴェン交響曲全集がおすすめです。

 

演奏良し、録音良し、お値段良し。

 

ベートーヴェンの交響曲全集を最初に買おうという方には超おすすめ。

 

このCDをよく聴きこんで、歴史的な巨匠の演奏、個性的な演奏、とんでもない演奏を聴くと楽しめると思いますよ。

 

また、ヘビーリスナーも基本に戻るという意味でこの全集は最適です。

 

歴史的な名演、迷演、つまりフルトヴェングラー、トスカニーニ、
クナッパーツブッシュ、アーベントロート、シューリヒト、と言って
20世紀前半から中盤に活躍した巨匠たちの個性的な演奏に接して、

 

支柱を忘れそうになった時、このブロムシュテットの演奏に接すると、
基本に戻してくれます。

まとめ

 

ベートーヴェンの交響曲全集は、それこれ沢山に指揮者が録音していて、
それぞれ主張をしています。

 

その中でスタンダードと言いたい演奏は、このブロムシュテットでしょう。

 

この全集を聴きこんで、その他の個性的な指揮者の演奏を体験して行くと
良いと思います。



にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村

クリック応援お願いします。

  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 






メルマガ登録
最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
タグ
ぶろぐ村

人気ブログランキング