モーツァルト 若き日の疾風怒濤はワルターの熱演で

目安時間:約 3分
  • 人気ブログランキング

ウォルフガング・アマデウス・モーツァルト(1756-1791)
交響曲第25番ト短調K183
交響曲第28番ハ長調K200
交響曲第29番イ長調K201
ブルーノ・ワルター指揮
コロンビア交響楽団
1953年、55年録音(モノラル)

 

1984年に制作された映画「アマデウス」の挿入曲。

この25番は、冒頭シーンに効果的に使われています。

 

ワルターのモノラル盤は、テンポを大きく動かして、劇的な演奏を展開しています。まさに疾風怒濤のモーツァルトですね。

 

ワルターと言えば、後年のコロンビア響とのステレオ録音が有名で、名盤も多いですが、大らかさ、豊潤さ、美しさが前面に出ていて、それがワルターのイメージになっていますが、壮年期の演奏を聴くとイメージが覆されます。

 

感興の起伏の大きく劇的に表現されて、時には空回り的な演奏もありますが、かえって感銘を与えてくれます。

 

クラシック音楽の楽しみ方は、正確で間違いのない演奏だけを求めるのではなく、技術プラスその音楽かっだらどう表現するか?を求めています。

 

ワルターだったらモーツァルトをどう表現するか?

 

フルトヴェングラーだったら?

 

トスカニーニだったら?

 

カラヤンだったら?

 

クレンペラーだったら?

 

そして自分だったらどう表現したいか?
それがクラシック音楽の楽しみ方の一つですね。





音楽(クラシック) ブログランキングへ

クリック応援お願いします。

  • 人気ブログランキング

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 






メルマガ登録
最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
タグ
ぶろぐ村

人気ブログランキング