ヨッフム&ロンドン響の老いても熱き魂

目安時間:約 2分
  • 人気ブログランキング

ブラームス(1833-1897)

交響曲第1番 ハ短調 作品68

 

オイゲン・ヨッフム指揮
ロンドン交響楽団
1976年6月~9月録音

 

オイゲン・ヨッフム73才の時の録音。
オイゲン・ヨッフムは、大器晩成の人だと思います。

 

特に天才肌とは思えないし、でも着実にキャリアを積んで、
後には押しも押されもせぬ名指揮者となりました。

 

どちらかという中庸のイメージがあり、
安心して聴ける演奏をするというイメージですが、このブラームスは、老いてますます盛んな意欲を感じさせる熱い演奏です。

 

重く遅いテンポで始まる第1楽章の序奏部から、おっ!何が始まるんだろうというわくわく感を感じさせ、最終楽章では、コーダに

向かっての白熱した演奏を聴かせます。

 

この曲の名盤の1枚であることは確かです。



音楽(クラシック) ブログランキングへ

クリック応援お願いします。

  • 人気ブログランキング

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 






メルマガ登録
最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
タグ
ぶろぐ村

人気ブログランキング