レナード・バーンスタイン&ウィーンフィル ベートーヴェン交響曲全集より

目安時間:約 3分
  • 人気ブログランキング

こんにちは。

ともやんです。

 

ベートーヴェン(1770-1827)

交響曲第1番ハ長調 作品21

レナード・バーンスタイン指揮
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
1978年11月録音

ベートーヴェン交響曲全集より

 

ベートーヴェン:交響曲全集 レナード・バーンスタイン(指揮) ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

 

指揮者にして作曲家、不世出の音楽家レナード・バーンスタインの生誕100周年記念年にリリースされたウィーン・フィルハーモニー管弦楽団とのベートーヴェンの交響曲全曲集リマスターCD+BDAセットが形を変えて再登場。
192kHz/24-bitでリマスターされたCD5枚組のセットに、全曲を1枚に収めたブルーレイ・オーディオ(192kHz/24-bit、5.0サラウンド・サウンド)をセット。
コレクター・エディションと同様のキャップBOXに入って、お手頃価格に生まれ変わりました。
解説書にはジェド・ディストラーによるバーンスタインとベートーヴェンについてのエッセー(英語、ドイツ語)付き。
ユニバーサル・ミュージック
タワーレコードより

 




 

 

ラトルの演奏を聴いた後、バーンスタインの演奏に接すると、
ラトルで感じた欲求不満がすべて解消される思いです。

 

ウィーンフィルの全てのメンバーが演奏し切っている感じが凄く伝わってきます。

 

濃密で充実した響きが頼もしくなります。

 

この演奏の時、バーンスタイン60才。

ラトルの録音が40代ということを考えると、現在60代になったラトルは、バーンスタインに負けない演奏がきっと出来ることでしょう。

 




音楽(クラシック) ブログランキングへ

クリック応援お願いします。

  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 






最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
タグ
メルマガ登録
ぶろぐ村