宇野功芳の名盤 やりたい放題の演奏 その勇気と強烈な主張に敬意 

目安時間:約 3分
  • 人気ブログランキング

宇野功芳の名盤 ベートーヴェンの交響曲

 

ベートーベン交響曲第1番・第5番
宇野功芳指揮
新星日本交響楽団
1991年4月16日 東京芸術劇場に於いての実況録音

 

共に遅いテンポで念の押すように進行。

 

宇野先生やりたい放題の演奏で、
オーケストラの皆様お疲れ様でした。
名盤というよりも迷盤に近いか(;-_-)

 

でも周りの反応なんてなんのその、
「俺はこうやりたいんだあ!!」
という強烈な主張とその勇気に敬意!



宇野功芳氏が僕の先生

 

宇野さんは昭和5年生まれで、高齢だがお元気なのだろうか?とネットで検索したのが半年前。なんと16年の6月に亡くなっていて愕然としたものです。

 

たぶん直前までレコードを聴いておられたのでしょうか?
享年86歳でした。改めてご冥福をお祈りいたします。

 

宇野さんは、僕の音楽の先生でした。
僕が、クラシック音楽を聴きだした、50年近く前の中学生の時からのお付き合いです。

 

残念ながらお会いしたことはありませんが、宇野さんの熱い語りの書籍を読み漁り、宇野さんのすすめる演奏家のLP、CDを聴き漁ったものです。

 

宇野さんのコンサートにも2回行きました。

確か、ブルックナーの“ロマンティック”とベートーヴェンの“英雄”でした。

 

演奏自体は、僕はあまり好きになれませんでしたが、自分のやりたいことをやったという勇気に敬意を表します。

 

僕の本棚には、宇野さんの本が何冊もあって、繰り返し取り出しては読

み返しています。

やっぱり宇野さんは僕の音楽の先生でした。


にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村

クリック応援お願いします。

  • 人気ブログランキング

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 






メルマガ登録
最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
タグ
ぶろぐ村

人気ブログランキング