小林研一郎の名盤 ブラームスの交響曲第4番 男泣きの名演!

目安時間:約 4分
  • 人気ブログランキング

僕は、ブラームスが好きで、交響曲も1番より、2番、2番より3番、そして3番より4番と、4番が一番好きなのです。

 

第1楽章の晩秋を思わせるような旋律が流れると、深まった秋の冷たい風と、それにヒラヒラト舞う、枯れ葉を連想してしまいます。

 

だから、この曲は情感たっぷりに演奏してほしいのですが、それがあまりないのですね。

 

そんな欲求不満を解消してくれたのが、コバケンさんこと、小林研一郎指揮のチェコフィルハーモニー管弦楽団の演奏です。

 

まるで演歌のような演奏で、ここまで情感たっぷりに歌い込んだ演奏はめったにありません。

 

みんな、コバケンさんと一緒に男泣きしよう!

 




小林研一郎の名盤 ブラームス交響曲第4番は泣ける!

 

ヨハネス・ブラームス - Johannes Brahms (1833-1897)
交響曲第4番 ホ短調 Op. 98
Symphony No. 4 in E Minor, Op. 98

 

1.(14:00) I. Allegro non troppo
2.(11:59) II. Andante moderato
3.(06:31) III. Allegro giocoso - Poco meno presto
4.(10:45) IV. Allegro energico e passionato - Piu allegro
total(43:15)

 

チェコ・フィルハーモニー管弦楽団 - Czech Philharmonic Orchestra
小林研一郎 - Ken-Ichiro Kobayashi (指揮)
録音: 7-9 February 2008, Dvo?ak Hall, Rudolfinum, Prague, Czech Republic

 

ブラームス:交響曲第4番(チェコ・フィル/小林研一郎)

 

心配りの行き届いたコバケンの棒にしっかりと応えるチェコフィルの東欧独特の音色。優しさに満ちた冒頭と第4楽章のパッサカリア。燃える熱い思いを遺憾な響かせたフィナーレ。深い絆で結ばれた両者の結晶のようなブラームスです。
ナクソス・ミュージック・ライブラリーのレビューより

 

 



「クラシック名盤 聴かずに死ねるか!」メルマガを始めました。

クラシック音楽の関する各種情報、お得な情報をご案内します。

メルマガ名は、「クラシック名盤 聴かずに死ねるか!」です。

登録は、猫の画像をクリックしてください。
もちろん登録は無料です。

↓ ↓ ↓
メルマガ「クラシック聴かずに死ねるか」登録はこちらです

  • 人気ブログランキング

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 






最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
タグ
メルマガ登録
ぶろぐ村