クナッパーツブッシュの名盤 壮麗で颯爽とモーツァルトのジュピター

目安時間:約 6分
  • 人気ブログランキング

クナッパーツブッシュのモーツァルト

 

ウォルフガング・アマデウス・モーツァルト(1756-1791)
交響曲第41番ハ長調K551“ジュピター”
Ⅰ:Allegro vivace 07:17
Ⅱ:Andante cantabile 09:17
Ⅲ:Menuetto & Trio: Allegretto 05:03
Ⅳ:Molto allegro 06:25

 

ハンス・クナッパーツブッシュ指揮
ウィーンフィルハーモニー管弦楽団
録音:1941年9月11日

 

 

クナッパーツブッシュのモーツァルト?と聴いて、
えっ、大丈夫?変な演奏じゃないね。

 

ジュピターのイントロがめっちゃ遅かったりしないよね。

とまず反応しました。

でも、録音時が1941年という戦時中ということもあり、いや、意外(失礼)とちゃんとしているかも、とCDを聴き始めました。



クナッパーツブッシュのジュピターは凄い

 

恐る恐る、クナッパーツブッシュのジュピターを聴いてみました。
聴き終わって、変な演奏ではないか?なんて疑った自分を大いに恥じました。

 

クナッパーツブッシュは、別にいつもトンでも演奏をしている訳ではなく、正攻法でも感動的な演奏が出来るから、トンでも演奏が映えるんですね。

 

さてジュピターは、それはそれは素晴らしい演奏なのです。

第1楽章。少し素っ気ないかなとは思いますが、造型のしっかりした演奏で、ベームの全盛期を彷彿とさせます。

 

そして、第2楽章は、テンポも遅めに取り、滋味あふれる演奏で、
思わず聴き惚れてしまいます。

 

そして、第3楽章から終楽章へ。
終楽章がこの演奏の白眉で、速めのテンポで、フーガが颯爽と壮麗に響きます。終わったら思わず、再生装置に向かって拍手してしまいました。



1941年のヨーロッパ

 

1941年6月22日にドイツ軍はソ連領内へ宣戦布告なしに侵攻しました。
自国民の命などなんとも思っていない、史上最悪の独裁者が始めた独ソ戦は、史上最多の犠牲者を出す、最大にして最悪の戦争に突入したのです。

 

緒戦こそドイツ軍の圧倒的勝利が続きましたが、その内、ソ連軍の抵抗が激しくなり侵攻スピードは落ちます。

 

当時35才のショスタコービッチは、軍に入隊を志願しますが、見るからにひ弱な彼は、入隊を断られてしまいます。

 

そこで彼は、祖国ソ連の戦争のために、交響曲をつくることにしました。

 

それが、のちの交響曲第7番「レニングラード」です。

 

バイロイト音楽祭は、ソ連との戦争が始まっても開催されました。
ヒトラーは来ませんでしたが、ゲッペルスが着て、次の日記を残しています。

 

この町は平和そのものといった様子で、まさしく心安らぐ牧歌的な雰囲気にしてくれる。ここでは戦争中であることが、それほど感じられない。

 

ふざけるなですね。誰が戦争を始めたんですか?

 

ザルツブルク音楽祭も41年8月5日から30日まで開催され、「ばらの騎士」「魔笛」「ドン・ジョバンニ」「フィガロの結婚」が上演され、
クナッパーツブッシュはベーム、クレメンス・クラウス、オランダのヴィレム・ヴァン・ホーフストラーテンと指揮をしました。

 

クナッパーツブッシュは、その後戦争中は、1944年9月9日にベルリンフィルとのブラームス第3番の録音を残して、消息がつかめなくなります。

 

そして戦後の非ナチ化裁判から完全復活するのが、47年1月。

 

このジュピターには、いつどうなるかわからない時代の一回限りの演奏に賭ける、クナッパーツブッシュの真剣さが聴こえてきます。


にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村

クリック応援お願いします。

  • 人気ブログランキング

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 






メルマガ登録
最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
タグ
ぶろぐ村

人気ブログランキング