カール・ベームの遺産 ウィーンフィルとの来日公演 シューベルト

目安時間:約 3分
  • 人気ブログランキング

1970年代には、日本ではカラヤンと並ぶ、場合によってはそれ以上の人気を博したカール・ベーム(1894-1981)。

度々来日されてその度にコンサートは超満員。まさに19世紀生まれのカリスマ指揮者として君臨しました。

 

その時の人気を知る僕にとっては、現在のカール・ベームの人気の凋落ぶりは残念でなりません。

かと言って、それは一般的なことで、マニアの間では、忘れてはいけない指揮者です。

 

遺された録音の中でも聴くべき名盤はたくさんあります。

その中で1975年のウィーンフィルとの来日公演でのシューベルトの“ザ・グレート”は超名演です。

 



カール・ベーム ウィーンフィル来日公演 シューベルト“ザ・グレート”

 

【曲目】
1. シューベルト:交響曲第9番《グレート》
2. ワーグナー:楽劇《マイスタージンガー》第1幕への前奏曲

 

【演奏】
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
指揮:カール・ベーム

 

【録音】
1975年3月19日 NHKホール(ライヴ録音)

 

シューベルト:交響曲第9番≪ザ・グレイト≫ ワーグナー:楽劇≪ニュルンベルクのマイスタージンガー≫第1幕への前奏曲 カール・ベーム 、 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

 

カール・ベーム指揮ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

フランツ・シューベルト交響曲第9番ハ長調 D944

リヒャルト・ワーグナー楽劇「ニュルンベルグのマイスタージンガー」第一幕への前奏曲

ヨハン・シュトラウス喜歌劇「こうもり」序曲

1975年3月19日、25日 東京NHKホール

 

ベームは、ウィーンフィルと3回来日していて、1975年が第1回目。

当時日本での人気は絶頂期で、カラヤンと二分していたと思います。

 

1894年生まれですから、当時すでに80才を越えていましたが、演奏には老いの気配は全く感じません。

むしろ壮年期に厳しさが緩和され、寛容になった雰囲気もあり、ウィーンフィルとの美音と高い次元で融合していて、ゆとりのある楽しい演奏を聴かせてくれました。

 



  • 人気ブログランキング

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 






最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
タグ
メルマガ登録
ぶろぐ村