ヨーゼフ・クリップス・エディション シューベルト”ザ・グレート”

目安時間:約 5分
  • 人気ブログランキング

ヨーゼフ・クリップス(1902-1974)。
このウィーン生まれの禿げ頭でマル眼鏡、そして小太り。
お世辞にもハンサムとは言えないクリップスですが、僕はその男気溢れる演奏が大好きです。

 

最初は歌手を目指しますが、指揮者に転向し、ワインガルトナーに才能を認められます。

ドルトムント、カールスルーエでの下積みを経て、1933年ウィーン国立歌劇場の指揮者としてデビューしました。

 

1938年ナチスに活動を禁じられますが、練習教師として密かにウィーン国立歌劇場のメンバーと共に活動。戦後の巨匠不在時代に、ウィーン音楽界の復興に尽力しました。

 

その後、戦後の後遺症も癒えた頃、巨匠たちが戻ってきてからは、あっさりと活躍の場をアメリカ、イギリスに移しました。

 

僕は、このあたりの気風の良さもクリップスが好きな理由です。

 

その演奏スタイルは、旧時代の指揮者と違い、オーケストラを煽ったり、過度な表情付けをしたりすことはなく、作品そのものを魅力を引き出すもので、何度聞いても味わいのある演奏を展開します。

 




クリップスの名盤 シューベルト交響曲第9番"ザ・グレート"

 

フランツ・シューベルト - Franz Schubert (1797-1828)
交響曲第9番 ハ長調 「ザ・グレート」 D. 944
Symphony No. 9 in C Major, D. 944, "Great"

 

ロンドン交響楽団 - London Symphony Orchestra
ヨーゼフ・クリップス - Josef Krips (指揮)

 

1.(14:02) I. Andante - Allegro ma non troppo
2.(13:48) II. Andante con moto
3.(09:53) III. Scherzo: Allegro vivace
4.(12:01) IV. Allegro vivace
total(49:44)

 

『ヨーゼフ・クリップス・エディション- The Early recordings -』

 

ザ・グレートでは、こざかしい設計図を描くこともなければ、オーケストラに強引な拍車を掛けれでもありません。あるのは内側から湧き上がってくるような感動です。

素晴らしい名演です。

 

 



クリップス指揮フランス国立管のシューベルトはより主観的な名演

 

『ヨーゼフ・クリップス・エディション- The Early recordings -』には、「ザ・グレート」は3種類の演奏が収録されています。

 

クリップスはこの得意としていた証拠でしょうか。

1952年 ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
1954年 フランス国立管弦楽団
1956年 ロンドン交響楽団

どれも名演です。

 

フランス国立菅では、第1楽章の最後の方で、主題を強奏するところでガクンとテンポを落とし、念を押すような演奏するのが面白くて、こんな主観的な演奏もするのかと少し驚かされます。

 

コンセルトヘボウ管とロンドン響との演奏は、自然な息遣いを感じさせる演奏で、オーケストラはとても演奏しや

すいんじゃないかな、という印象を受けます。

 

クリップスは、オペラの指揮でもきっちりとしてテンポ設定は、歌手の自然な息遣いと合わないが、クリップスは歌手と一緒に息をするように演奏をするそうです。

 

そんなところもオーケストラは愛された指揮者だと感じます。

 




  • 人気ブログランキング

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 






最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
タグ
メルマガ登録
ぶろぐ村