朝比奈隆の名盤 1975年ヨーロッパツアーの気迫のシューマン

目安時間:約 3分
  • 人気ブログランキング

ロベルト・シューマン(1810-1856)
劇付随音楽「マンフレッド」作品115より 序曲
交響曲第4番 ニ短調 作品120
リヒャルト・ワーグナー(1813-1883)
楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」より第1幕への前奏曲

朝比奈隆指揮

大阪フィルハーモニー管弦楽団

1975年10月4日 メイソン・ド・コングレ、スイス・モントレー(演奏会録音)

 

 

個人的には、70年代の朝比奈隆が一番好きです。

80年代後半から圧倒的なカリスマ性を持つようになりましたが、
まだ60代の朝比奈隆からは挑戦者のような気迫を感じます。

 

特に75年に敢行したヨーロッパツアーは、世界的な不況の煽りで
延期か下手すると中止になるところ、熱心なファンたちの市民活動による寄付金で旅費を賄い、ファンの人たちの夢を実現するという使命に燃えてツアーを行いました。

 

結果は大成功。

 

そこには使命感に燃えて、怯むことのない朝比奈隆の姿があったのです。

 

僕は朝比奈隆のコンサートに行き出したのは80年代後半からで、残念ながら70年代の実演は聴いていないけど、CDから聴こえる迫力ある響きに僕は胸が熱くなります。

 

75年のヨーロッパツアーの録音は、ベートヴェンの英雄、チャイコフスキーの5番、ブルックナーの7番と全て超の付く名演です。


にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村

クリック応援お願いします。

  • 人気ブログランキング

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 






メルマガ登録
最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
タグ
ぶろぐ村

人気ブログランキング