ショスタコーヴィッチ 交響曲第7番 最大のスケールにして最高傑作!

目安時間:約 6分
  • 人気ブログランキング

ドミトリー・ショスタコーヴィッチ(1906-1975)は、
ソビエト連邦(現ロシア)を代表する作曲家のみならず、

20世紀を代表する作曲家でしかも、交響曲、弦楽四重奏曲においては、
ベートーヴェンに匹敵する作曲家といわれるほど偉大な作曲家です。

 

今日ご紹介する、交響曲第7番“レニングラード”は、
ショスタコーヴィッチの全15曲の交響曲の中でも、最大のスケールを誇る力作です。

 

レニングラードがナチス・ドイツ軍の包囲を受けていた
1941年7月に着手され、同年12月に完成、レニングラード市に捧げられました。

 

ショスタコーヴィッチ自身により、当初は
第一楽章「戦争」
第二楽章「回想」
第三楽章「祖国の広野」
第四楽章「勝利」
というタイトルが付けられていました。

 

しかし、ショスタコーヴィッチの場合、標題は考えなくてよいです。
ソ連当局の眼もあるので、言葉の奥に何が隠されているかわかりません。

 

彼の音楽は、言葉を超えて、普遍的な人間の苦悩や恐怖や憧れを表しているのです。

 




ショスタコーヴィッチ最大スケールの第7番

 

ドミトリー・ショスタコーヴィッチ(1906-1975)
交響曲第7番ハ長調 作品60“レニングラード”
Ⅰ(26:20)War,allegretto
Ⅱ(10:24)Memories,Moderato(poco allegretto)
Ⅲ(18:16)My native Field,adagio
Ⅳ(16:34)Victory,allegro non troppo

ルドルフ・バルシャイ指揮
ケルンWDR交響楽団

録音:1992年9月
場所:フィルハーモニー・ケルン

 

※第7交響曲のCDジャケット裏面

 

 

第8番と並び迫力ある戦争交響曲として人気を博す第7番『レニングラード』は、

ショスタコーヴィチの書いた交響曲の中では最も規模の大きな作品です。

 

レニングラードがドイツ軍に包囲されたのは1941年9月のことで、

以後、1944年1月まで包囲戦は続き、

67万人とも100万人以上とも言われる市民が

飢餓や砲撃、爆撃によって犠牲になっています。

 

ショスタコーヴィチは包囲戦開始の少し前に作曲を開始して

約4カ月で完成、翌年、初演前に作品はスターリン賞1席を受賞し、

続々と海外でも演奏されるようになり、

1943年3月、ショスタコーヴィチはモスクワ音楽院教授に就任しています。

 

防衛戦のなまなましい光景に強い印象を受けて作曲されただけに、

当初は各楽章に「戦争」「回想」「祖国の大地」「勝利」という副題が付され、

プロパガンダ交響曲の様相も呈していましたが、のちに副題は撤回されています。

 



 

ショスタコーヴィッチの交響曲全集を選ぶなら

 

ショスタコーヴィチ:交響曲全集/バルシャイ指揮 ケルン放送交響楽団

ルドルフ・バルシャイ(1924-2010)は、

ソ連ラビンスカヤ出身の指揮者でヴィオラ奏者でした。

 

ショスタコーヴィチに作曲を師事し、

のちには交響曲第14番『死者の歌』の初演を行っています。

 

さらに弦楽四重奏曲の編曲などを通じてショスタコーヴィチと親交がありました。

 

その名指揮者、ルドルフ・バルシャイが、

ベルティーニとのマーラー演奏で名高いケルン放送響を指揮した交響曲全集です。

 

バルシャイのショスタコーヴィッチは、

熱気あふれる名演として有名な第7番『レニングラード』ライヴや、
自身の編曲版による弦楽四重奏曲集、

といったアルバムがこれまでリリースされていましたが

 

この交響曲全集はバルシャイの実力を真に知らしめるものとして

非常に注目度の高いものです。

 




  • 人気ブログランキング

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 






メルマガ登録
最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
タグ
ぶろぐ村

人気ブログランキング