仲道郁代 ショパン夜想曲集 見て良し聴いて良し

目安時間:約 3分
  • 人気ブログランキング

こんにちは、ともやんです。

 

コンサートで目を閉じて聴いている人がいるそうです。

 

せっかく生演奏に接する機会ですから、

コンサートは、目で観て、耳で聴いて楽しまないともったいないですね。

 

仲道郁代のコンサートには、男性ファンが多いそうです。

皆さん、しっかり目を開けて、演奏に聴き入っていらっしゃることでしょう。

演奏とチャーミングな演奏姿にも悩殺されたいのですね。

 

仲道郁代の軌跡[6]::ショパン:夜想曲集&子守歌

スポンサーリンク

 

“仲道郁代の軌跡 (6)”
【曲目】
ショパン: ノクターン集
1. 第16番 変ホ長調 Op.55-2
2. 第19番 ホ短調 Op.72-1(遺作)
3. 第20番 嬰ハ短調(遺作) 「レント・コン・グラン・エスプレッシオーネ」
4. 第4番 ヘ長調 Op.15-1
5. 第5番 嬰ヘ長調 Op.15-2
6. 第9番 ロ長調 Op.32-1
7. 第8番 変ニ長調 Op.27-2
8. 第2番 変ホ長調 Op.9-2
9. 第1番 変ロ短調 Op.9-1
10. 第3番 変ロ長調 Op.9-3
11. 子守歌 変ニ長調 Op.57
【演奏】
仲道郁代(ピアノ)
【録音】
8,9)1989年7月26-28日 6)1990年4月25-27日 松本市ハーモニー・ホール
3,11)1991年8月27-29日 仙台市青年文化センター
1,2,4,5,7,10)1992年4月16-18日 北アルプス文化センター,エコー・ホール
[DDD/STEREO/24bit 192KHz ニュー・リマスタリング]

 

仲道郁代、デビュー20周年(2007年時)記念連続リリース第4弾。仲道のピアニズムの特質に適しているのがショパンの「ノクターン集」。本作は、1989~92年まで3年がかりで収録された、全曲盤から13曲を抜粋。しっとりとした情感を基調に、ゆっくりとショパンならではの美音を紡いでいる作品。

 

 




音楽(クラシック) ブログランキングへ

クリック応援お願いします。

スポンサーリンク
  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
タグ
メルマガ登録
ぶろぐ村