カラヤンの名盤 チャイコフスキー後期交響曲集 圧巻の名演

目安時間:約 8分
  • 人気ブログランキング

僕は、チャイコフスキーが好きです。

 

その寒々としたロシアの大地を思わせながらもロマンティックで甘美なメロディーやチャーミングな節回しなど、魅力が尽きません。

 

僕は、北陸富山の海のすぐそばで生まれ育ちました。

家は、海まで100mくらいしか離れていない場所で、冬など寝ていると荒れる海の波の音が良く聴こえました。

 

そして幼いころから、海を見ては海の向こうに何があるんだろうと空想を膨らませていました。

 

親は、海の向こうにはロシアという大きな国があるんだよ、と教えてくれました。

 

いつしかロシアへの憧れとなり、トルストイ、ドストエフスキーの文学に触れ、チャイコフスキーの音楽を聴くようになりました。

 

さて、カラヤンはチャイコフスキーを得意として、何度も録音していますが、僕は、この71年にEMIに録音したものがベストだと思います。

 

まさに圧巻の演奏で、激しい部分も抑えた部分も完璧な出来です。

しかもベルリンフィルの豊潤で、色彩感豊かな響きは最高で、細部まで描き切っています。

 

もしかしてこの70年前後の時期が、カラヤン&ベルリンフィルの関係の頂点だったのかもしれません。

 

そう思わずにはいられない圧巻の名演の名盤です。

 




カラヤンの名盤 圧巻の名演 チャイコフスキー後期交響曲集

 

ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー - Pyotr Il'yich Tchaikovsky (1840-1893)
交響曲第4番 ヘ短調 Op. 36
Symphony No. 4 in F Minor, Op. 36

 

1.(18:41) I. Andante sostenuto - Moderato con anima
2.(09:57) II. Andantino in modo di canzone
3.(05:20) III. Scherzo: Pizzicato ostinato - Allegro
4.(08:21) IV. Finale: Allegro con fuoco
total(42:19)

 

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 - Berlin Philharmonic Orchestra
ヘルベルト・フォン・カラヤン - Herbert von Karajan (指揮)

 

* * * * * * * * * *

 

ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー - Pyotr Il'yich Tchaikovsky (1840-1893)
交響曲第5番 ホ短調 Op. 64
Symphony No. 5 in E Minor, Op. 64

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 - Berlin Philharmonic Orchestra
ヘルベルト・フォン・カラヤン - Herbert von Karajan (指揮)

 

5.(15:47) I. Andante - Allegro con anima
6.(14:30) II. Andante cantabile con alcuna licenza
7.(06:17) III. Valse: Allegro moderato
8.(12:41) IV. Finale: Andante maestoso - Allegro vivace
total(49:15)

 

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 - Berlin Philharmonic Orchestra
ヘルベルト・フォン・カラヤン - Herbert von Karajan (指揮)

 

* * * * * * * * * *

 

ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー - Pyotr Il'yich Tchaikovsky (1840-1893)
交響曲第6番 ロ短調 「悲愴」 Op. 74
Symphony No. 6 in B Minor, Op. 74, "Pathetique"

 

9.(18:11) I. Adagio - Allegro non troppo
10.(08:56) II. Allegro con gracia
11.(08:12) III. Allegro molto vivace
12.(10:16) IV. Finale: Adagio lamentoso
total(45:35)

 

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 - Berlin Philharmonic Orchestra
ヘルベルト・フォン・カラヤン - Herbert von Karajan (指揮)

 

チャイコフスキー:交響曲第4番 - 第6番(ベルリン・フィル/カラヤン)

 

ワーナークラシックスの強力音源を厳選し、最新の海外リマスター音源より発売するシングル・レイヤー盤。収録時間のメリットを生かして、LP、CD、ハイブリッド盤では2枚となっていた音源を1枚に収録。ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団によるチャイコフスキー:「交響曲第4番」他を収録。
タワーレコードより

 

もう言うことなし。チャイコは、これだけうねるように、推進力豊かに運ばれると、これでなくっちゃ、とはまってしまう。憂愁、迫力とも十分。カラヤンはうまい。ドボ8もLP初期にこの曲を世に知らしめた第一人者だけあって、美しいメロディと千変万化のダイナミズムが綾をなし、ひたすら聞き惚れる。カラヤン得意の曲をSACDにまとめた好企画と評価したい。
タワーレコードのレビューより

 

 



「クラシック名盤 聴かずに死ねるか!」メルマガを始めました。

クラシック音楽の関する各種情報、お得な情報をご案内します。

メルマガ名は、「クラシック名盤 聴かずに死ねるか!」です。

もちろん登録は無料です。

↓ ↓ ↓
メルマガ「クラシック聴かずに死ねるか」登録はこちらです

  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 






最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
タグ
メルマガ登録
ぶろぐ村