ケルテスの新世界 20世紀にもっとも惜しまれて逝った指揮者

目安時間:約 7分
  • 人気ブログランキング

イシュトヴァン・ケルテス(1929年8月29日ー1973年4月16日)は、

 

20世紀においてもっともその死が、

 

最も惜しまれた指揮者だと思います。

 

1973年4月16日、

 

イスラエルのテルアビブの海岸で遊泳中に

 

大波のため水死しました。

 

享年43才。

 

 

ちょうどケルン市立歌劇場のメンバーによる

 

公演中の出来事でした。

 

ケルテスは、

 

同歌劇場の音楽総監督だったのです。




ドヴォルザーク「新世界から」ケルテス&ウィーンフィル

 

アントニン・ドヴォルザーク(1841-1904)
交響曲第9番 ホ短調 作品95「新世界から」

 

Ⅰ(09:44)Adagio-Allegro molto
Ⅱ(11:46)Largo
Ⅲ(07:39)Scherzo:Molto vivace
Ⅳ(11:05)Allegro con fuoco

録音:1960年

 

イシュトヴァン・ケルテス指揮
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

 

 

仕事でイスラエルのテルアビブに何度か行きました。

 

地中海に面した素敵な街で、

 

女性は綺麗で、食事は美味しく、

 

砂浜の向こうにキラキラ輝く地中海を見ていると、

 

思わず服を脱いで、飛び込みたくなります。

 

 

気候は、地中海性気候で、穏やかで、

 

ケルテスが遊泳中に亡くなった

 

4月の平均気温は、

 

最高は約22℃、最低が約14℃と

 

泳ぐには少し早いかなという気温でした。

 

 

ケルテスは、1929年生まれなので、

 

ニコラウス・アーノンクール(1929-2016)、

 

アンドレ・プレヴィン(1929- )、

 

ロリン・マゼール(1930-2014)、

 

カルロス・クライバー(1930-2004)、

 

クラウディオ・アバド(1933-2014)

 

と同世代で、

 

しかも同い年のプレヴィンが健在ですから、

 

本当に早すぎる死でした。

 




ケルテスの新世界からは、歴史的な名盤

 

ケルテスが、ウィーンフィルと

 

ドヴォルザークの“新世界から”を録音したのは、

 

今から60年近く前の1960年のこと。

 

 

ケルテスも30代になったばかりの頃で、

 

6年後にロンドン響と再録音していますが、

 

オーケストラの味わいもあり、

 

ウィーンフィル盤の方が、断然魅力的です。

 

 

ここで、宇野功芳氏のケルテス&ウィーンフィル評を引用します。

 

“ケルテスは「新世界」の土俗的な迫力を、ドイツ風の立派な造型に封じ込め、
しかもそれらを高い次元で統一するとともに、

世界で最も芸術的なオーケストラであるウィーン・フィルの魅力を付け加えた。

ここでは、わらわれがこの曲に期待するすべての要素が、

期待以上の美しさとゆたかさをともなって音化されてゆく。

弦の厚み、ウィンナホルンの朗々たる音色、ティンパニの最強打、

そして旋律のなんとロマンティックなうたわせ方!”

 

ドヴォルザークでこんなにも素晴らしい演奏を披露したケルテスなら、

 

ベートーヴェンでもさぞかしと思わずにはいられません。

 

 

ベートーヴェンの交響曲では、

 

唯一、1960年のバンベルグ響との第4番が残っているようです。
※2018年6月9日現在、HMVでは購入不可。

 



まとめ

 

僕がケルテスの死を知ったのは、高校生の時でした。

 

高校生から見た40代は、

 

ずっと年上の大人というイメージでしたが、

 

自分自身が、60才になった今、

 

43才という年齢は、あまりにも若すぎます。

 

 

僕が、初めてテルアビブを訪れたのは、

90年代の後半でした。

 

テルアビブのキラキラ輝く地中海を見ていると、
なんで、と思わずにはいられませんでした。

 



  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 






メルマガ登録
最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
タグ
ぶろぐ村

人気ブログランキング