サイモンラトルのハイドン 来日公演記念に贈るクラシカ・ジャパン特集

目安時間:約 10分
  • 人気ブログランキング

2017年にロンドン交響楽団の音楽監督に

就任したサイモン・ラトルが来日しています。

 

クラシカ・ジャパンでは来日に合わせて特番が放送されており、

その中のひとつが「想像上のオーケストラの旅」です 。

 

1,000曲近くあるハイドンの作品の中から、

演出効果のあるものを含む、選りすぐりの楽曲で組まれた、

ちょっと変わった名曲プログラム(このプログラムはベルリン・フィルでも演奏され話題になりました)。

 

放送は明日9月16日からですが、

どのような演出になっているのか想像しながら、

このアルバムを聴いてみてはいかがでしょうか。

 

ハイドンの多彩な楽曲が一度に楽しめる一枚です。

 

ハイドン・想像上のオーケストラの旅 サイモン・ラトル 、 ロンドン交響楽団

サイモン・ラトルのハイドン クラシカ・ジャパン特集 想像上のオーケストラの旅

 

ちょうど、明後日、友人が横浜交響楽団の合唱団に入っていて、
ハイドンの「天地創造」をやるから聴きに来てね、とチケットをくれました。

 

ハイドンは、僕の好きな作曲ですが、この「想像上のオーケストラの旅」を聴いて、
ほんの一部しか知らなかっただな、と恥ずかしくなりました。

 

ハイドン・想像上のオーケストラの旅 サイモン・ラトル 、 ロンドン交響楽団

↑ ↑ ↑

これを機会にハイドンの世界に深入りしたいと思います。

 

とりあえず、ハイドンのエッセンスを知るには、良い企画のCDです。
しかもラトル&ロンドン響の演奏ですからね。

 



サイモン・ラトルのハイドン 想像上のオーケストラの旅

フランツ・ヨーゼフ・ハイドン - Franz Joseph Haydn (1732-1809)
天才モーツァルト、革命児ベートーヴェンに比べ、
ヨーゼフ・ハイドンは、多少下目に見られる傾向があります。

 

実は、なにを隠そう、僕にもその傾向がありました。

 

ハイドンの交響曲全集や弦楽四重奏曲全集などは、曲数も多く、
聴くときはBGM的に聴くことが多かったです。

 

でも、やはり好きなんですね。ハイドンの曲を聴いていると癒されます。

 

※ウィーン

 

ハイドンは、背が低くずんぐりとした体型で、

ユーモアに富んだ人柄から、当時の人々から「パパ」という愛称で呼ばれていました。

 

偉大なるベートーヴェンを指導したハイドンは、

またモーツァルトを友とし、彼に慰めと励ましを送りました。

 

ハイドンの生涯は、忍苦であったにもかかわらず、幸福でもありました。

仕事は絶えず、彼を待ち受け、成功は数々の名誉を彼にもたらしました。

 



サイモン・ラトルのハイドン 想像上のオーケストラの旅の曲目

 

サイモン・ラトル指揮ロンドン交響楽団の演奏で贈る、
想像上のオーケストラの旅の曲目です。

 

1.(05:58) オラトリオ「天地創造」 Hob. XXI:2 - 序曲 「混沌の描写」 1.
Die Schopfung (The Creation), Hob.XXI:2: Overture: Die Vorstellung des Chaos

 

2.(01:34) 十字架上のキリストの最後の七つの言葉 Hob. XX:1A - 地震(管弦楽版) 2.
Die 7 letzten Worte unseres Erlosers am Kreuze (The 7 Last Words), Hob.XX:1A (version for orchestra): Il terremoto

 

3.(06:21)歌劇「無人島」 - 序曲 Hob.Ia:13
L'isola disabitata: Overture, Hob.Ia:13

I.(03:59) Largo - II. Vivace assai
III.(02:22) Allegretto - IV. Vivace

 

4.(06:07) 交響曲第64番 イ長調 「時の移ろい」 Hob.I:64 - 第2楽章 ラルゴ 5.
Symphony No. 64 in A Major, Hob.I:64, "Tempora mutantur": II. Largo

 

5.(04:10) 交響曲第6番 ニ長調 「朝」 Hob.I:6 - 第3楽章 メヌエット 6.
Symphony No. 6 in D Major, Hob.I:6, "Le matin": III. Menuet

 

6.(04:10) 交響曲第46番 ロ長調 Hob.I:46 - 第4楽章 フィナーレ(プレスト・エ・スケルツァンド) 7.
Symphony No. 46 in B Major, Hob.I:46: IV. Finale: Presto e scherzando

 

7.(01:29) 交響曲第60番 ハ長調 「うっかり者」 Hob.I:60 - 第6楽章 フィナーレ(プレスティッシモ) 8.
Symphony No. 60 in C Major, Hob.I:60, "Il distratto", "Der Zerstreute": VI. Finale: Prestissimo

 

8.(04:10) オラトリオ「四季」 Hob.XXI:3 - 序曲 9.
Die Jahreszeiten (The Seasons), Hob.XXI:3: Der Winter (Winter): Overture

 

9.(07:06) 交響曲第45番 嬰ヘ短調 「告別」 Hob.I:45 - 第4楽章 フィナーレ
Symphony No. 45 in F-Sharp Minor, Hob.I:45, "Farewell": IV. Finale

(02:58)Presto -
(04:08)Adagio

 

10.(02:24) 笛時計のための三重曲集 Hob.XIX:1-32 (抜粋) 12.
Flotenuhrstucke, Hob.XIX:1-32 (excerpts)

不詳 - Anonymous (オルガン)
録音: 11-12 July 2017, Barbican Centre, London, UK

 

11.(07:53) 交響曲第90番 ハ長調 Hob.I:90 13.
Symphony No. 90 in C Major, Hob.I:90: IV. Finale: Allegro assai

 

ロンドン交響楽団 - London Symphony Orchestra
サイモン・ラトル - Simon Rattle (指揮)
録音: 11-12 July 2017, Barbican Centre, London, UK

 



クラシカ・ジャパンに加入するには

 

https://www.classica-jp.com/shichou/

 

クラシカ・ジャパンの加入は、上記URLから行えますが、

スカパー!、J:COM、CATV、ひかりTVなどに加入していることが条件になっています。

 

もしまだなら、スカパーからの加入がおすすめです!

 

  • 人気ブログランキング

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 






メルマガ登録
最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
タグ
ぶろぐ村

人気ブログランキング