ブルーノ・ワルターの遺産 ハイドン交響曲第88番,第100番&第102番

目安時間:約 6分
  • 人気ブログランキング

こんにちは。

 

ともやんです。

 

ブルーノ・ワルター指揮コロンビア交響楽団のハイドンを聴きました。

曲目は、交響曲第88番、第100番"軍隊"、そして第102番です。

 

古き良き時代とはこのことを言うのだはと思うほど、温かく優しい演奏です。

 

ハイドンの演奏は、ピリオド楽器による演奏が主流で、モダン楽器の演奏もピリオド楽器の奏法を取りえていて、フレッシュで良いのですが、このワルターの演奏のような豊かさでは劣ります。

 




ブルーノ・ワルターにみる豊かな演奏とは

 

僕の友人に古楽器演奏を全く認めない人がいます。

以前、アーノンクールのコンサートに行って、聴くに絶えず途中で出てきた(本人談)というほどです。

 

彼の理屈は、作曲が先で、演奏は後。

つまり演奏や楽器を意識して作曲しているのではなく、当時はあった楽器で演奏しているだけで、それを敢えて当時の楽器で演奏するというのはおかしいという理論です。

 

よくわからない理論ですが、僕は両方あっていいと思います。

 

また当時の作曲家は、当然当時の楽器の性能を考えて作曲していたと思うので、古楽器演奏は理にかなっていると僕は考えます。

音楽は楽しむものですから、いろんなスタイル、アプローチがあっていいと思います。

 

ただ、ブルーノ・ワルター&コロンビア交響楽団の演奏にみるゆったりとしたテンポで豊かな演奏というのは、現代ではなかなか聴けなくなったと思います。

 



ワルターの名盤 ハイドン交響曲第88番、第100番"軍隊"&第102番

 

フランツ・ヨーゼフ・ハイドン - Franz Joseph Haydn (1732-1809)
交響曲第88番 ト長調 「V字」 Hob.I:88
Symphony No. 88 in G Major, Hob.I:88

1.(05:41) I. Adagio - Allegro
2.(07:20) II. Largo
3.(04:44) III. Minuet: Allegretto
4.(03:37) IV. Finale: Allegro con spirito
total(21:22)

 

交響曲第100番 ト長調 「軍隊」 Hob.I:100
Symphony No. 100 in G Major, Hob.I:100, "Military"

1.(07:33) I. Adagio - Allegro
2.(06:31) II. Allegretto
3.(05:49) III. Menuet: Moderato
4.(05:51) IV. Finale: Presto
total(25:44)

 

交響曲第102番 変ロ長調 Hob.I:102
Symphony No. 102 in B-Flat Major, Hob.I:102

1.(07:00) I. Largo - Vivace
2.(06:52) II. Adagio
3.(05:30) III. Menuet - Trio: Allegro
4.(04:18) IV. Finale: Presto
total(23:40)

コロンビア交響楽団 - Columbia Symphony Orchestra
ブルーノ・ワルター - Bruno Walter (指揮)

 

ブルーノ・ワルター エディション 39枚組

 

僕が持っているワルターのボックスセットです。
既に廃盤ですが、中古出ています。

ハイドンでは、88番、100番に加え、102番も収録されているのが嬉しいです。

ワルターのボックスセットはいくつかありますが102番が収録されていないことが多いようです。
個人的には、102番も素晴らしいので聴かないともったいないです。

 

 

最後に

 

ブルーノ・ワルターをはじめ19世紀の生まれの巨匠たちの演奏が今でも重宝され聴かれ続けるのはいいことなのか、どうかわかりません。

 

でも愛好家としては現代の演奏家たちも聴きながら、昔の演奏も聴いて思いを馳せるくらいのスタンスがいいと思います。

時々なんでもかんでも昔の演奏がいいという人がたまにいますが、広く楽しんだ方がいいと思います。

 




  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 






最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
タグ
メルマガ登録
ぶろぐ村