イッセルシュテットの名盤 ブラームス交響曲第1番 ドイツ魂の雄叫び

目安時間:約 7分
  • 人気ブログランキング

ウィーン・フィルハーモニーが、1960年代に英デッカで
ベートーヴェンの交響曲全集の録音をするために選任したのが、
ハンス・シュミット=イッセルシュテットでした。

 

現在でもこの全集は、録音の良さも手伝ってベートーヴェン全集の
スタンダードとして存在しています。

 

僕もこの全集は持っていて、もし単身赴任とかで持っていくとして
ベートーヴェンの交響曲全集を1セットだけ持っていけるとしたら、
このハンス・シュミット=イッセルシュテットの全集を持っていくでしょう。

 

そんなシュミット=イッセルシュテットは、手兵北ドイツ放送響と
ブラームスの交響曲全集も録音しています。

 

今日はその中からドイツ魂を感じさせる交響曲第1番をご案内します。





イッセルシュテットの名盤 ブラームス交響曲全集より

 

ヨハネス・ブラームス - Johannes Brahms (1833-1897)
交響曲第1番 ハ短調 Op. 68
Symphony No. 1 in C Minor, Op. 68

1.(13:39)I. Un poco sostenuto - Allegro
2.(09:26)II. Andante sostenuto
3.(04:36)III. Un poco allegretto e grazioso
4.(16:36)IV. Adagio - Piu andante - Allegro non troppo ma con brio
total(44:17)

録音:1967年6月5日

 

5.(10:53) 大学祝典序曲 Op. 80 5.
Academic Festival Overture, Op. 80
録音:1970年9月2~4日

 

北ドイツ放送交響楽団 - North German Radio Symphony Orchestra
ハンス・シュミット=イッセルシュテット - Hans Schmidt-Isserstedt (指揮)

 

ハンス・シュミット=イッセルシュテット(指揮)、北ドイツ放送SO~ブラームス:交響曲全集、管弦楽曲集(全4枚組)

ハンス・シュミット=イッセルシュテットについて

 

ハンス・シュミット=イッセルシュテット(1900年5月5日、ベルリン~1973年5月28日)は
ドイツの名指揮者。

 

ベルリン高等音楽学校にてフランツ・シュレーカーに作曲を師事、

1923年に指揮者としてデビュー。モーツァルトやベートーヴェン、ブラームスから

R.シュトラウス、ストラヴィンスキーなどの作品において傑出した演奏を行った名匠です。

 

ドイツ、オーストリアを中心に活躍、

1945年に北西ドイツ放送SO(のちの北ドイツ放送響楽団)の終身芸術監督。

ウィーン・フィル、ロンドン響などとの音源も有名です。

 

ハンス・シュミット=イッセルシュテット・コレクション~1950-1964 Recordings
↑ ↑ ↑
僕も持っていますが、ハンス・シュミット=イッセルシュテットの芸術を

深く知りたい方にはお勧めのセットです(CD30枚組)

 

 



ハンス・シュミット=イッセルシュテットは、ドイツ復興の旗手だった

もし僕が、映画監督だったら、脚本家だったら、
ハンス・シュミット=イッセルシュテットをモデルにして映画を作るでしょう。

 

第2次大戦後の荒廃したドイツで、新しいオーケストラを結成して、

ドイツの人たちを癒し、勇気づけ、ドイツ復興に尽くそうと奔走した主要メンバーです。

 

シュミット=イッセルシュテットの悲愴 ドイツ復興に貢献した夢の楽団


拙文ですが、こちらで多少触れています。

 

 



最後に

ハンス・シュミット=イッセルシュテットで聴く、
ベートーヴェンやブラームスは格調高い名演ばかりです。

 

そこには特別なことは何もしていないのに、
充実した響きと心のこもった演奏には深い感銘を受けます。

 

このブラームスもあくまで誠実にどの部分もおろそかにせず
描き切っています。そしてそこに熱い魂があります。

 

ハンス・シュミット=イッセルシュテットの指揮で聴く名曲は、

本当にいい曲だなと深い感銘を受けます。

 

指揮者の存在を忘れさせるような演奏ですが、それが彼の妙技なのかもしれません。

ずっと聴いていきたい指揮者です。

 



  • 人気ブログランキング

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 






メルマガ登録
最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
タグ
ぶろぐ村

人気ブログランキング