クナッパーツブッシュ名盤 ブラームス交響曲第2番が凄い!

目安時間:約 6分
  • 人気ブログランキング

クナッパーツブッシュ(1888-1965)は、

 

不思議な指揮者です。

 

これだけ知名度があるのに、関連書籍がありません。

 

Amazonで検索すると1冊ありました。

 

 

でもその芸術よりも政治と絡めての本です。

 

興味深いので中古を注文しました。

 

さて、今日は昨年4月に発売された

 

『クナッパーツブッシュの遺産~ターラ編~最新リマスタリング(6枚組)』から

 

ブラームスの2番をご案内します。

 




クナッパーツブッシュの名盤 ブラームス交響曲第2番

 

ヨハネス・ブラームス - Johannes Brahms (1833-1897)
交響曲第2番 ニ長調 Op. 73
Symphony No. 2 in D Major, Op. 73

 

1.(15:28) I. Allegro non troppo
2.(10:35) II. Adagio non troppo
3.(05:50) III. Allegretto grazioso
4.(10:07) IV. Allegro con spirito
total(42:00)

 

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 - Berliner Philharmoniker
ハンス・クナッパーツブッシュ - Hans Knappertsbusch (指揮)
録音: 26 March 1944

 

クナッパーツブッシュの遺産~ターラ編~最新リマスタリング(6枚組)

 

 

この型破りの大芸術を享受できない人は不幸である。(宇野功芳)
宇野功芳が選んだ怪物クナの“黄金の名演"CD、
ターラ原盤からのリマスター復刻でよみがえる!

 

宇野功芳が選んだクナッパーツブッシュ(仏ターラ盤)の“黄金の名演"CD!2012年にキングレコードから「クナッパーツブッシュ至高の遺産(監修:宇野功芳)」(全10タイトル)で発売されましたが、その後ターラ(TAHRA)は活動を停止してしまい、輸入盤は入手困難になっていました。今回、6タイトルが、キング関口台スタジオでの最新リマスタリングにより、6CD企画として復活!もともと復刻技術に定評あるターラ社の正規音源から音質面もさらに改善された、クナッパーツブッシュの「遺産」をこの機会にお忘れなきようお求めください。ブックレット(20ページ予定)には、宇野功芳&平林直哉、両氏による貴重な解説・批評文を掲載しています。

 

 



 

クナッパーツブッシュのブラームスは、第3番がとくに有名で、
録音数も多いです。次に第4番の型破りな演奏があります。

 

その中で、第2番も数種類あって、

今回違うCDセットからの同じ音源のものを聴いてみました。

 

これは凄い演奏です。

 

ブラームスは、芸術家としては常識人で、

破天荒なことをした人ではありません。
多分、シャイで内向的な人だったのでしょう。

 

でも、内面に激しい情念を持った人というのは、特にそれが反映しやすい、
室内楽やピアノ曲に現れます。

 

クナッパーツブッシュは、交響曲第2番に潜む、

ブラームスの情念をほじくりだしたような演奏です。

 

オーケストラは感情が波打つように演奏し、

聴いていると心臓を鷲づかみされたように錯覚します。

 

ブラームスの第2番は、その曲想から『田園交響曲』などと

言われることもありますが、クナッパーツブッシュの演奏で聴くと、

とんでもないことです。

 

これはまさにブラームスの内面の情念をあぶりだした凄演です。

 



  • 人気ブログランキング

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 






最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
タグ
メルマガ登録
ぶろぐ村