グレン・グールドのブラームスで辛いときは泣こう!

目安時間:約 2分
  • 人気ブログランキング

グレン・グールドの名盤

 

グレン・グールド(ピアノ)
ブラームス:間奏曲集
1960年9月&11月録音

 

秋になるとブラームスが聴きたくなります。

そして物悲しい気分になったり、そんな気分に浸りたいと思うことがあります。

 

物悲しいときには、それを助長するセンチメンタルな曲や演奏がいいですね。

 

悲しいときに楽しい曲を聴くと余計落ち込んだりしますもんね。

 

悲しいとき、落ち込んだ時、失恋した時、世の中に嫌になった時、
自暴自棄になった時、グールドの弾くブラームスがおすすめです。

 

スローなテンポで情感込めて弾くブラームスは、落ち込んだ気持ちにより重く響きますが、ブラームスの曲の中のかすかな微笑みの部分が、とても大きな喜びに感じる瞬間もやってきます。

 

このCDを紹介してくれたが、作曲家の山本直純氏の著書でした。

もう30年くらい前でしたね。僕が30才でまだ独身、彼女なし、仕事もいまいちで不完全燃焼の頃でした、

 

そんな時直純氏の著書に出会い、辛い時に聴いてください、とありました。それ以来の僕の愛聴盤です。

 

言葉も交わさず、そっとそばに寄り添ってくれる、
そんな演奏がグレン・グールドが、届けてくれます。

 

ゴールドベルク変奏曲(1980年盤)と並んで、
僕の特に好きなグールドの録音です。




 


音楽(クラシック) ブログランキングへ

クリック応援お願いします。

  • 人気ブログランキング

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 






メルマガ登録
最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
タグ
ぶろぐ村

人気ブログランキング