ジュリーニとウィーンフィルとのブラームス、まるでオペラ!

目安時間:約 5分
  • 人気ブログランキング

カルロ・マリア・ジュリーニ(1914-2005)は、イタリア出身の名指揮者。
特定のポストに長く就かず、孤高の巨匠とも言われていました。

 

ジュリーニの芸術は、どうもわからず、いやどちらかと言うと苦手で、
あまり聴いてきませんでした。

 

なんかこってりと濃厚な料理をこれでもかという感じで
食べさせられているようで、胃にもたれてしまい、
美味しいのは分かるんだけど、どうもさっぱりとした味付けが好きな
僕にとっては、苦痛に感じたものでした。

 

以前、ブルックナーの第8番のCDに何度かトライしたのですが、
ギブアップしてしまった経験があります。

 

そんな僕がどうしたわけか、ジュリーニのブラームスに挑戦することにしました。

さて、どんな感銘を受けたでしょうか?



ジュリーニとウィーンフィルのブラームス1番

 

ヨハネス・ブラームス(1833-1897)

交響曲第1番ハ短調作品68
Ⅰ(15:49)Un poco sostenuto-Allegro
Ⅱ(10:49)Andante sostenuto
Ⅲ(05:18)Un poco Allegretto e grazioso
Ⅳ(19:46)Adagio-Piu Andante-Allegro non troppo,ma con brio
カルロ・マリア・ジュリーニ指揮
ウィーンフィルハーモニー管弦楽団

 

1991年のデジタル録音ということで、ジュリーニ77歳の時の録音。

さて、聴き始めてみた。

 

遅い。

 

主部に入っても、序奏のテンポのままのような印象で、
アレグロの表示なのに、アダージョ?かよ、という印象を持ってしまいます。

 

テンポが遅いだけに各楽器の表情は豊かにして濃厚な味わいです。

しかも、リズムは重く、重量級の演奏で、聴き通せるかな、と不安になって行きました。

 

しかし、慣れと言うのは恐ろしいものですね。

聴いていくうちにだんだんと良くなっていくのです。



ジュリーニとウィーンフィル ブラームスの交響曲第1番の真髄

 

取り合えず、ジュリーニ指揮ウィーンフィルの演奏で、全曲聴き通しました。

そしたら僕に変化が出てきました。

 

そう、もう一度聴きたくなったのです。

 

そして性懲りもなく、もう一度聞き始めたのです。

 

そして、あっ!そうだったのか!

それは、このブラームスの演奏は、オペラと考えるとピッタリなのです。

 

オペラと違うのは、声楽の代わりに各楽器が、オペラで歌手が歌うように、
楽器たちも歌っているのです。

 

時には朗々と、時にはささやくように、各楽器たちが、オペラ歌手が歌うように奏でるのです。

 

そう感じたのは、特に第2楽章で、各楽器たちを歌手に例えて聴きだすと、
いままで退屈な演奏が、最高に楽しくなってきたのです。

まとめ

クラシック音楽は、聴く方にも努力を求めるのですね。

 

少し視点を変えてみると、それまで感じていたものが、
違う印象になってきます。

 

ジュリーニとウィーンフィルのブラームスは、オペラだ!と感じた瞬間、
最高に楽しいCDとなりました。




  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 






最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
タグ
ぶろぐ村

人気ブログランキング