カラヤンの名盤 ブルックナー第7番 62年ツアー最後を飾る名演

目安時間 4分

僕がクラシック音楽に興味を持ち、
レコード屋に通うようになったのは、
中学2年生頃からだったと思います。

時代は1970年代初頭

 

当時のLPレコードが、

2,000円~3,000円したので、
50年近く前の中学生にとっては大金でした。

 

だからレコード屋に行っても、見るだけで、
買えないことの方が多かったです。

 

どんな新譜が出たのかなって、
LPレコードを1枚、1枚見て、

 

あっ、またカラヤンの新譜が出ている!
2,500円か、買えねえ、残念、なんて思いながら
レコードの検索をしていたものです。

 

当時に比べCDなどの音楽ソフトが
大幅に安くなった現代になって、

 

CDを買い漁っているのは
当時、見るだけで買えなかった

中学生時代の反動でしょうか?




カラヤンのブルックナー交響曲第7番 ウィーンフィルとのロンドン公演

 

アントン・ブルックナー(1824-1896)
交響曲第7番ホ長調

Ⅰ(19:03)Allegro moderato
Ⅱ(21:59)Adagio:Sehr feierlich und sehr langsam
Ⅲ(09:47)Scherzo.Sehr schell
Ⅳ(11:55)Adagio-Allegro moderato

スポンサーリンク

録音:1962年4月6日 Royal Festival Hall Londonのライブ
ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮
ウィーンフィルハーモニー管弦楽団

 

 

1962年3月にカラヤンは、

ウィーンフィルとヨーロッパツアーの一環として
はじめてソ連に行きました。

 

モスクワとレニングラードで、
モーツァルトの“ジュピター”“アイネ・クライネ・ナハトムジーク”
ベートーヴェンの交響曲第5番
ブルックナーの交響曲第7番、
リヒャルト・シュトラウスの“ドン・ファン”
など、ドイツ音楽の代表作を演奏しました。

 

この4月6日の演奏は、

ツアー最後を飾るロンドンでのライブ録音です。

 

第一楽章は流麗で快速で、第二楽章は、逆にじっくり歌い上げた
カラヤンの美学の象徴とも言える演奏です。

 

終楽章が、大いに盛り上がって終了した瞬間、
拍手と共に大きく野太い声が飛び交っていました。

 

それだけ圧倒的な演奏だったのですね。

凄いカラヤンを再認識させてくれた名演奏です。




スポンサーリンク

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前 

 

メールアドレス 

 

URL (空白でもOKです)

 

コメント

トラックバックURL: 
最近の投稿
カテゴリー
メルマガ登録
関連サイトへのリンク
ぶろぐ村

メタ情報