ギュンター・ヴァントのブルックナー 第3番、第4番に聴く明解さ

目安時間:約 7分
  • 人気ブログランキング

ギュンター・ヴァントの

ブルックナーを聴きたいと思い、

でも、晩年のベルリンフィルの名盤は、

なんか取っつきにくい。

 

聴けば圧倒されるんだろうけど、

なんか聴くのに覚悟が必要な感じ。

 

で、確か、80年代に全集が出ていたなぁ、と思い、

得意の新宿ディスクユニオンのクラシック館に行きました。

 

おお、あるではないか、オーケストラはケルン放送響か、
手兵の北ドイツ放送響じゃないんだ、

でもケルン放送響も名門。

 

と迷うことなく購入。

 

中古だから、値段も1000円ちょっと。

 

安いよねぇ、ブルックナーの全集、しかもヴァント指揮が、
1000円ちょっとで買える世の中です。

 

中学生時代の僕には、信じられないことです。

生きていてよかった、と早速聴いてみました。




ブルックナー第3交響曲 ヴァント&ケルン放送響

 

アントン・ブルックナー(1824-1896)
交響曲第3番ニ短調“ワーグナー”(1889-90 Schalk-Loewe edition)
(1889年版)

 

Ⅰ(21:25)Massg bewegt
Ⅱ(13:42)Adagio(Etwas bewegt)quasi andante
Ⅲ(06:41)Scherzo(Ziemlich schnell)
Ⅳ(12:37)Finale(Allegro)

録音:1981年

 

ギュンター・ヴァント指揮
ケルン放送交響楽団

 

僕は、ブルックナーの交響曲の中でも、

特にこの第3交響曲が好きなんですね。

 

イントロの弦の伴奏に乗って、トランペットが奏する主題が、
木管、ホルンと繋がって、最初の盛り上がりになるところが、わくわくしますね。

 

僕は、この弦の伴奏が好きで、なんかノッタラノッタラという感じで、
クナッパーツブッシュなんかはこれに微妙なアクセントなんかつけて、

 

もう堪んないんですが、

真面目なヴァントはさすがにそんなことはしないで、
明解にクッキリと展開して、なんか難しい因数分解が、
解けたような気持ちよさがあります。

 

終楽章まで聴き通すと、
この曲は、ベートーヴェンの第9に匹敵すんじゃねえの、
くらい思わせてくれます。

 

クナッパーツブッシュの演奏は、

巨大すぎてつかみどころがなかったけど、
ヴァントの明解さは素敵です。

 



ブルックナー第4交響曲 ヴァント&ケルン放送響

アントン・ブルックナー(1824-1896)

交響曲第4番変ホ長調"ロマンティック"
1880 ハース版

 

Ⅰ(17:46)Bewegt,nicht zu schnell
Ⅱ(15:39)Andante,quasi Allegretto
Ⅲ(10:36)Scherzo:Bewegt
Ⅲ(20:20)Finale:Bewegt,doch nicht zu schnell

録音:1976年
ギュンター・ヴァント指揮
ケルン放送交響楽団

 

僕が初めて聴いたブルックナーは、この第4交響曲"ロマンティック"でした。

高校生の時だから、もう40数年前。

 

だからブルックナーは、いまほどポピュラーではなかったし、
LPといってもワルター、クレンペラー、カラヤンくらいしか出ていなくて、

僕が、最初に購入したLPが、カラヤン&ベルリンフィルでした。

 

71年、ベルリンのイエスキリスト教会での録音で、
実は、いまでの愛聴盤なんですね。

 

アヒルの子は、最初に出会った生き物を親と思うらしいですが、

僕は、最初にカラヤンを聴いたものですから、

 

いきなり高級スポーツカーに乗せられた快感がなかなか忘れなくて、

その後聴いた、ベームなども素朴に感じたくらいでした。

 

さて、ヴァント。

 

ヴァントな明解な演奏で聴くと、
やはり曲自体は、第3番に比べて魅力の点では、
劣るかな、と感じてしまいます。

 

今回、第3番、第4番と続けて聴きましたが、
ヴァントの曲自体に語らせるスタイルでは、

やはり第4番は分が悪いようです。

 

ただ、さすがにヴァント、

最後まで聴き通すと満足感が得られる演奏です。

 



まとめ

 

ここ1週間ほどは、毎日ブルックナーです。

 

第1番から始めて、いろんな指揮者の演奏を聴いてきました。

 

名盤の誉れの高い、ヨッフムの新旧2種類の全集や、ティントナーの渋い演奏、
コンビチュニーの剛毅な演奏、カラヤンの華麗な演奏、などなど、
その中でヴァントは、中庸で明解、逆に曲の良しあしがばれてしまうみたいな。

 

さあ、これから中期から後期の巨峰に臨むわけで、

クナッパーツブッシュ、クレンペラー、などが峰々が遥かに見えます。




  • 人気ブログランキング

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 






メルマガ登録
最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
タグ
ぶろぐ村

人気ブログランキング