バッハ・コレギウム・ジャパン『メサイア』を聴いて一年の締めを

目安時間:約 6分
  • 人気ブログランキング

人生の中で、感動的な出来事の一つに
合唱団に入って、

コンサートでヘンデル「メサイア」を

歌い終わった時があります。

 

2001年12月24日に

川崎市高津区にある洗足学園の前田ホールで、

 

高津市民合唱団の一員として、

秋山和慶指揮東京交響楽団と共演した時のコンサートでした。

 

歌い終わった時、なぜか涙が溢れてきて止まらなくなりました。

 

現在、バッハのマタイ受難曲を歌うために

別の合唱団に入って練習していますが、
多分終わったら同じように感動すると思います。

 

ヘンデルの「メサイア」は、歌って良し、

聴いて良しと本当に名曲中の名曲だと思います。

 




ヘンデルのメサイアは、やはり古楽器演奏がおすすめ

 

ヘンデルのメサイアは、重厚で重い演奏は、

さすがに時代遅れの感があります。

 

ただ、僕にとって

クレンペラーがフィルハーモニア管を入れた録音は特別で、

 

遅いテンポで富士山を仰ぎ見るような演奏で、

現代では敬遠されそうな演奏のトップですが、

これが意外ともたれないので愛聴しています。

 

でも、やはりトップに挙げたいのは、

ガーディナーとホグウッドです。

 

しかし、今回初めて

鈴木雅明率いるバッハ・コレギウム・ジャパンの演奏を聴いて、

これは肩を並べるな、と感じました。

 

バッハ・コレギウム・ジャパンは、世界的に評価の高い団体ですが、
本当に素晴らしいです。

 

https://l-tike.com/classic/mevent/?mid=364286
↑ ↑ ↑
出来たら、実演を聴きたいと思います。

今年もメサイアの演奏も予定されていますので、

調べてみると12月22日と23日のサントリーホールでの公演がありますが、

チケットは完売でした。さすがです。

CDで楽しみます。

 



バッハ・コレギウム・ジャパンのメサイア 心洗われる透明感

 

ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル - George Frideric Handel (1685-1759)

 

オラトリオ「メサイア」 HWV 56 - 第1部
Messiah, HWV 56: Part I
演奏時間(54:17)

 

オラトリオ「メサイア」 HWV 56 - 第2部
Messiah, HWV 56: Part II
演奏時間(52:29)

 

オラトリオ「メサイア」 HWV 56 - 第3部
Messiah, HWV 56: Part III
演奏時間(32:41)

 

作詞 : 新約聖書 - Bible - New Testament
鈴木美登里 - Midori Suzuki (ソプラノ)
米良美一 - Yoshikazu Mera (カウンター・テナー)
ジョン・エルウィス - John Elwes (テノール)
ジョン・エルウィス - John Elwes (ナレーター)
デイヴィッド・トーマス - David Thomas (バス)
バッハ・コレギウム・ジャパン - Bach Collegium Japan
鈴木雅明 - Masaaki Suzuki (指揮)
録音: December 1996, Kobe Shoin Woem's University, Japan

 

ヘンデル:オラトリオ「メサイア」(バッハ・コレギウム・ジャパン/鈴木雅明)

 

投稿日:2008/08/28
クリスマスに敬虔な祈りの世界に浸りたいと思ったら、ヘンデルのメサイアは定番中の定番。押し付けがましさも尊大さもエゴもなく、ひたすら謙虚に優しく演奏する鈴木雅明指揮バッハ・コレギウム・ジャパンの解釈は、聴く人すべての心をゆっくりと神の愛へと導いてくれるに違いありません。透明で残響豊かな録音も、こうした宗教的な作品にはふさわしい空間性を感じさせてくれます。

ナクソス・ミュージック・ライブラリーより

 




音楽(クラシック) ブログランキングへ

クリック応援お願いします。

  • 人気ブログランキング

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 






メルマガ登録
最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
タグ
ぶろぐ村

人気ブログランキング