アンチ・カラヤンも脱帽 フィルハーモニア管とのベートーヴェン交響曲全集は凄い!

目安時間:約 10分
  • 人気ブログランキング

クラシック音楽のLPを始め買ったのが、
1971年中学2年生かもしかして1年生の冬だったかと思います。

 

初めて買ったのが、カラヤン指揮フィルハーモニア管との
ベートーヴェンの運命とチャイコフスキーの悲愴でした。

 

そしてその2~3ヶ月後に購入したのが、

フルトヴェングラー&ウィーンフィルとのベートーヴェンの英雄でした。

 

そしてそれから50年近く経つのにいまだに

この二人の翻弄されているなんて当時の僕は、想像もしませんでしたね。

 

でも、中学生の時に一生の趣味を持てたのは幸せなのかもしれません。




アンチ・カラヤンだった中学生時代

 

青臭い中学の時、なんも分かってないのにやれ誰の指揮者の演奏がいいとか、

なんて友人と意見を戦わせていたものです。

 

そして僕らの指標となるのが、音楽評論家・宇野功芳氏でした。

 

宇野氏の分かりやすい、歯に衣着せぬストレートな表現は、
中学生の僕らにも響いてきました。

 

宇野さんは、その頃からアンチ・カラヤンというか、

彼のLPには厳しい批評を与えていました。

 

だから僕は自然とアンチ・カラヤンになったのです。

でも、正直言って僕はカラヤンが特に嫌いではありませんでした。

 

高校生の時に買ったブルックナー第4番「ロマンティック」はいまでも愛聴盤です。

 

また最近では、70年代の録音したチャイコフスキーの交響曲第5番には圧倒されました。

 

ただ、ベートーヴェンではいいなと思う物は少なかったですね。



 

カラヤン&フィルハーモニア管には脱帽

そんな中、新宿のディスクユニオンで、

カラヤン&フィルハーモニア管コンビの

ベートーヴェン交響曲全集を購入しました。

 

 

まあ、1,400円程度と安価だったので、

ちょっと聴いておこか程度の軽い気持ちで購入しました。

交響曲第1番ハ長調作品21

交響曲第1番ハ長調作品21
Ⅰ(07:31)Adagio molto-Allegro con brio
Ⅱ(06:15)Andante cantabile con moto
Ⅲ(03:44)Menuetto.Allegro molto e vivace
Ⅳ(05:40)Finale.Adagio-Allegro molto e vivace
録音1953年11月 Kingsway Hall,London

交響曲第2番ニ長調作品36

交響曲第2番ニ長調作品36
Ⅰ(10:41)Adagio-Allegro
Ⅱ(10:39)Larghetto
Ⅲ(03:42)Allegro
Ⅳ(06:30)Allegro
録音1953年11月 Kingsway Hall,London

交響曲第3番変ホ長調作品55“英雄”

交響曲第3番変ホ長調作品55“英雄”
Ⅰ(14:37)Allegro
Ⅱ(16:28)Adagio
Ⅲ(05:48)Allegro
Ⅳ(11:54)Allegro-Andante-Presto
録音1952年11月 Kingsway Hall,London

交響曲第4番変ロ長調作品60

交響曲第4番変ロ長調作品60
Ⅰ(13:58)Adagio-Allegro
Ⅱ(11:58)Adagio
Ⅲ(06:40)Allegro vivace
Ⅳ(08:27)Allegro
録音1953年11月 Kingsway Hall,London

交響曲第5番ハ短調作品67

交響曲第5番ハ短調作品67
Ⅰ(07:18)Allegro
Ⅱ(09:43)Andante
Ⅲ(04:58)Allegro
Ⅳ(08:52)Allegro-Presto
録音1954年11月 Kingsway Hall,London

交響曲第6番ヘ長調作品68“田園”

交響曲第6番ヘ長調作品68“田園”
Ⅰ(09:21)Allegro ma non troppo
Ⅱ(12:09)Andante molto mosso
Ⅲ(03:02)Allegro
Ⅳ(03:33)Allegro
Ⅴ(09:24)Allegretto
録音1955年5月 Kingsway Hall,London



交響曲第7番イ長調作品92

交響曲第7番イ長調作品92
Ⅰ(12:44)Poco sostenute-vivace
Ⅱ(09:08)Allegretto
Ⅲ(08:39)Presto
Ⅳ(07:04)Allegro
録音1951年11月 Kingsway Hall,London

交響曲第8番ヘ長調作品93

交響曲第8番ヘ長調作品93
Ⅰ(09:05)Allegro vivace e con brio
Ⅱ(03:56)Allegretto scherzando
Ⅲ(05:49)Tempo di menuetto
Ⅳ(07:36)Allegro vivace
録音1955年5月 Kingsway Hall,London

交響曲第9番ニ短調作品125“合唱”

交響曲第9番ニ短調作品125“合唱”
Ⅰ(15:08)Allegro
Ⅱ(10:08)molto vivace
Ⅲ(16:04)Adagio-Allegretto-Adagio
Ⅳ(24:10)Presto-Allegro
録音1955年7月 Musikvereinssaal,Vienna

ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮
フィルハーモニア管弦楽団
エリザベート・シュワルツコップ(S)、マルガ・ヘフゲン(MS)、エルンスト・ヘフリンガー(T)、オットー・エーデルマン(Bs)
ウィーン楽友協会合唱団(Chor der Gesellschaft der Musikfreunde,Vienna)



でもこれがなかなか力演なんですね。

なんといっても小細工をしないで正攻法でアプローチしているのが好感が持てます。

 

直球だけの真っ向勝負で後年の豪華絢爛はまだなく、
例えば2番では熱い情熱を感じ、
7番では、すでに重厚な音楽つくりを感じさせてくれます。

 

ただ、残念なのが、特に3番英雄や第9番で感じるレガート奏法です。

 

丁寧な柔らかい印象を与える反面、ベートーヴェンならもう少し素朴でゴツゴツした感じがいいのに、と思ってしまいます。

 

しかし、この全集は、カラヤンを再認識させてくれたCDには違いありません。

 

まとめ

 

今年は、カラヤンの生誕110年。

初めてクラシックのLPを購入したのが、
カラヤン指揮のものでした。

 

でも、そこから変な知恵がつき、
指揮者はカラヤンだけではなく、世の中には凄い指揮者がたくさんいるとばかり、

そして、カラヤンなんて通俗じゃん、とばかり敬遠していました。

 

でも、そんな僕の偏った聴き方に風穴を開けてくれたのが、
アリアCD店主、松本大輔氏でした。

 

そしてもう一人、作家の中川右介氏。
彼の著書「カラヤンとフルトヴェングラー」

カラヤンって凄かった、ということを改めて認識させてくれたのです。

 

 

今年は、僕にとってカラヤン・ルネッサンスにしたいと思っています。




  • 人気ブログランキング

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 






メルマガ登録
最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
タグ
ぶろぐ村

人気ブログランキング