カラヤンの第九 1958年ニューヨークフィルとのライブが凄い!

目安時間:約 5分
  • 人気ブログランキング

えっ!?こんな録音があったんだ!

今から60年前の1958年11月22日のニューヨーク。

 

ヘルベルト・フォン・カラヤンは、

ニューヨーク・フィルハーモニックに客演して、
ベートーヴェンの交響曲第1番と第9番『合唱付き』を演奏しています。

 

ライブ独特の緊張感あふれる演奏ですが、
開始前の観客の咳払いとかが、意外とうるさくて、
行儀のいい、日本の聴衆とは違うなと思いながら聴き始めました。

 

カラヤンは、そんな大らかと言うか雑なアメリカの観客を黙らせるような
迫力で、ニューヨークフィルを煽っていきます。

 

かなり早めのテンポがそれをより引き立て感じで、
一瞬トスカニーニの演奏を聴いているかのよう錯覚に陥ります。

 




カラヤンの第九 ニューヨークフィルのライブは度肝を抜く超名演

ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン - Ludwig van Beethoven (1770-1827)
交響曲第9番 ニ短調 「合唱付き」 Op. 125
Symphony No. 9 in D Minor, Op. 125, "Choral"

作詞 : フリードリヒ・フォン・シラー - Friedrich von Schiller

 

1.(15:03)I. Allegro ma non troppo - Nn poco maestoso
2.(10:38)II. Molto vivace
3.(12:33)III. Adagio molto e cantabile - Andante moderato
4.(24:35)IV. Finale: Presto - Allegro assai
total(62:49)

 

レオンタイン・プライス - Leontyne Price (ソプラノ)
モーリーン・フォレスター - Maureen Forrester (アルト)
レオポルド・シモノー - Leopold Simoneau (テノール)
ノーマン・スコット - Norman Scott (バス)
ウェストミンスター合唱団 - Westminster Choir
ニューヨーク・フィルハーモニック - New York Philharmonic Orchestra
ヘルベルト・フォン・カラヤン - Herbert von Karajan (指揮)
録音: 22 November 1958, New York, United States

 

ベートーヴェン:交響曲第9番「合唱付き」(ニューヨーク・フィル/カラヤン)(1958)

 

 

ベートーヴェン:交響曲第9番『合唱』、第1番(2CD)
カラヤン&ニューヨーク・フィル

早めのテンポで颯爽と進められる『合唱』。煽る指揮にニューヨーク・フィルが必死についていく様が聴かれる交響曲第1番。カラヤンのドライブに一丸となって一糸乱れぬウィーン・フィルとの『運命』。待望のニューヨーク・フィルとの2曲の復刻を含む、歴史的価値あるアルバムです。(arbre)
HMVのウェブサイトより

 

このCDには、ボーナス・トラックとして1948年のウィーンフィルとのベートーヴェンの第五も収録されています。




音楽(クラシック) ブログランキングへ

クリック応援お願いします。

  • 人気ブログランキング

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 






メルマガ登録
最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
タグ
ぶろぐ村

人気ブログランキング