カルロス・クライバーの名演 ベートーヴェン『田園』圧巻のライヴ

目安時間:約 5分
  • 人気ブログランキング

カルロス・クライバーが、1982年にミュンヘンで行った

コンサートのライヴ録音です。

 

胸のすくような快速テンポの『田園』です。

こんな速いテンポの田園は珍しいですが、

それが全然違和感なく感じるのは、

クライバーの芸術性に高さでしょうか。

 

また、このCDでは、終演後の拍手が3分以上も収録されていますが、

ミュンヘンの観客たちの素晴らしさも特筆ものです。

 

演奏が終わって、余韻を味わうように1秒、2秒、3秒、

ここでパラパラと拍手が起きますが、

一旦やみます。

 

そして一呼吸おいて万雷の拍手とブラボーの嵐。

この観客たちの対応が、より演奏の素晴らしさを引き立てます。

 



カルロス・クライバーの名盤 ベートーヴェン交響曲第6番『田園』

 

ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン - Ludwig van Beethoven (1770-1827)
交響曲第6番 ヘ長調 「田園」 Op. 68
Symphony No. 6 in F Major, Op. 68, "Pastoral"

 

1.(08:16) I. Awakening of Cheerful Feelings Upon Arrival in the Country: Allegro ma non troppo
2.(12:02) II. Scene by the Brook: Andante molto mosso
3.(02:48) III. Merry Gathering of Country Folk: Allegro
4.(03:30) IV. Thunderstorm: Allegro
5.(08:26) V. Shepherd's Song: Happy and Thankful Feelings after the Storm: Allegretto
6.(03:50) Applause
total(38:52)

 

バイエルン国立管弦楽団 - Bavarian State Orchestra
カルロス・クライバー - Carlos Kleiber (指揮)
録音: 7 November 1983, Bayerische Staatsoper, Munich, Germany

 

ベートーヴェン:交響曲第6番「田園」(バイエルン国立管/C. クライバー)

 

録音がごくわずかしかない指揮者として有名なC.クライバー。氏と強力なコネクションを持つORFEOが、1983年11月7日ミュンヘンでのライヴ音源の発売にこぎつけました。2003年以降、クラシック界最大の話題盤!!スタジオ録音の様な音質でないこと、オケの綻びが確かにあること、などの点を差し引いても、やはりクラシック・ファンの心を揺さぶる一枚と言えるでしょう。クライバー一流のスタイリッシュなベートーヴェン、ライヴの一回性、オケの燃焼度の高さなど、唯一無二の魅力が炸裂しております。
タワーレコードより

 

 



  • 人気ブログランキング

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 






最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
タグ
メルマガ登録
ぶろぐ村