カール・ベーム 60年代の名盤 カラヤンと人気を分けた黄金時代前

目安時間:約 5分
  • 人気ブログランキング

カール・ベーム(1894~1981)

私がクラシック音楽を聴き始めた中学生の頃、

つまり1970年代の超アイドル指揮者でした。

 

 

当時は、カラヤンとベームが人気を2分していて

ともにドイツグラモフォンレーベルに毎月にように

新譜が出ていたと思います。

 




カール・ベームの名盤 カラヤンとの比較

 

豪華で華麗、スマートなカラヤンに比べ

堅実で無骨、実直というイメージがベーム。

 

外面的な効果狙ったカラヤンに対して

内面に充実を図ったベーム。

 

相反する2人のキャラは、レコード会社の戦略だったのかもしれません。

 

また音楽雑誌では、

カラヤン派とアンチカラヤン派に分かれ、

アンチカラヤン派が押す代表がベームでした。

 

それにバーンスタインが絡んできて

当時は対抗図がシンプルで選びやすかったなあ。。。。

 

 

 

カール・ベームの名盤 モーツァルト40番と41番 昔のLPは高価だった

 

当時のLPレコードは高価で、

一枚2,500円から3,000円していました。

 

当然中学生にとっては高価も高価。

 

お年玉や小遣いをコツコツ貯めて

やっと買える代物でした。

 

だから選びに選んで買ったものです。

 

ベームの指揮で最初に

モーツァルトの交響曲40番ト短調と41番「ジュピター」

オーケストラは、ベルリンフィル。

モーツァルト:交響曲第40番・第41番≪ジュピター≫<初回生産限定盤>

40年経ったいまでも大事にしているLPです。

いま聴いても冷徹で凛とした演奏。

 

晩年の好々爺としたイメージとはほど遠い、

峻厳な表現で思わず襟を正してしまう演奏ですね。

 




カール・ベームの名盤 70年代以降もいいですが

ベームは、日本国内で人気を博してきたのは、

70年代で既に80歳近くになっていて、

 

ウィーンフィルとのベートーヴェン、モーツァルト、ブラームスが

代表盤にようで中にはいい演奏もありますが、

私は、あまり評価しません。

 

※画像はイメージ

 

どうも全体的に間延びして緊張感が乏しいように思います。

 




最後に

録音でベームの本領が発揮されているのは、

1960年代。

 

私が推すのはブラームス1番

>>>ブラームス:交響曲第1番

 

ベートーベンの英雄

>>>カール・ベーム コレクション 1951~1963年録音集
※50年代から60年代の名演が収録されている超お得盤

 

そしてバックハウスと共演した

ブラームスピアノ協奏曲2番とモーツァルトの27番。

>>>ブラームス:ピアノ協奏曲第2番、モーツァルト:第27番

 

特に交響曲は、これほど厳しく真摯な演奏はありないんと

思われる演奏です。

 



  • 人気ブログランキング

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 






メルマガ登録
最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
タグ
ぶろぐ村

人気ブログランキング