ギリシャ人ヴァイオリニスト ベートーヴェン ヴァイオリン協奏曲

目安時間 6分
こんにちは、
ともやんです。
ギリシャの名ヴァイオリニスト、レオニダス・カヴァコスの指揮とヴァイオリンによる、
ベートーヴェン ヴァイオリン協奏曲です。
繊細で心のこもった演奏で、
“ギリシャ人ヴァイオリニストが放つ、様式美に満ちたベートーヴェン”
という振れ込みで、昨年CDが発売されましたが、古楽器スタイルとその前のロマン性の高い、または伝統的なオーソドックスなスタイルとも違い、なんか、慎み深く、質素で、それに加えなんか新鮮で透明感のある演奏です。
カデンツァが、ベートーヴェン自身がピアノ協奏曲用にアレンジしたティンパニー版で、
これも新鮮です。
このティンパニー版は、コパチンスカヤのCDで聴くことができ、僕はこのブログでも以下の記事で
“第1楽章19分台に出現するカデンツァが凄い!ティンパニとのディオの部分は、しばらく何の曲を聴いているのか忘れていまい、しかもその演奏が凄いので唖然とするばかり。”


ベートーヴェン ヴァイオリン協奏曲 おすすめ 5選

なんて書いています。
スポンサーリンク

レオニダス・カヴァコスが放つ 様式美に満ちたベートーヴェン

レオニダス・カヴァコスは、1967年生まれ。
1985年にシベリウス・コンクールで、また1998年にはパガニーニ国際コンクールで優勝を果たして世界的に知られる存在になりました。
レオニダス・カヴァコスがソニー・クラシカルと新しく専属契約を結び、刺激的なベートーヴェン・アルバムを引っ提げての登場してきました。
正確に言うと、ソニー・クラシカルには2006年と2009年にカメラータ・ザルツブルクとモーツァルトとメンデルスゾーンを録音しており、10年ぶりの「復帰」となります。
超絶的技巧が光るコンチェルト・ソリストとしての活躍はもちろん、室内楽奏者、指揮者としても活動するなど、一ヴァイオリン・ソリストの枠に収まりきらないアーティスト性が持ち味のカヴァコス。
ベートーヴェンイヤーに向けた当アルバムも何と2枚組の充実ぶりです。

レオニダス・カヴァコス ベートーヴェン ヴァイオリン協奏曲

ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン - Ludwig van Beethoven (1770-1827)
ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 Op. 61
Violin Concerto in D Major, Op. 61
1.(27:27) I. Allegro ma non troppo
2.(11:31) II. Larghetto
3.(10:28) III. Rondo: Allegro
total(49:26)
レオニダス・カヴァコス - Leonidas Kavakos (ヴァイオリン)
バイエルン放送交響楽団 - Bavarian Radio Symphony Orchestra
レオニダス・カヴァコス - Leonidas Kavakos (指揮)

【CD】 ベートーヴェン: ヴァイオリン協奏曲、七重奏曲、他 レオニダス・カヴァコス 、 バイエルン放送交響楽団

 

DISC1はバイエルン放送交響楽団を弾き振りしたヴァイオリン協奏曲で、全曲約49分30秒でじっくりと歌いぬき、オリジナリティある表現が新鮮でありながら、様式美の枠はきちん押さえた好感の持てる解釈が印象的。第1楽章のカデンツァはベートーヴェンがこの協奏曲のピアノ版のために作曲したティンパニ付きのものをアレンジ。DISC2には、若書きの七重奏曲に加えて、「6つの主題と変奏曲」、「10の主題と変奏曲」という秘曲を収録。室内楽奏者カヴァコスの面目躍如と言えるでしょう。

 

カヴァコスはベートーヴェンの音楽についてこう語っています。「作品に込められたベートーヴェンの感情は極めて豊かで、かつ個人的なものです。世界を敵にしても構わないほどの勇猛果敢さです。ベートーヴェンの音楽世界には、内なる葛藤と力強い対立があります。それゆえに、感情を制御して、イントネーションもなく、ピュアに演奏するのは不可能な音楽なのです。自らが生きた18世紀の価値観を放り投げ、決然と未来を見据えていたのです。」そうしたカヴァコスの強い意志があらゆるところまで浸透したきわめて個性的なベートーヴェン・アルバムが、新たなスタンダードを打ち立てることは間違いありません。

 

アテネの音楽一家に生まれ、ギンゴールドらに師事。1985年シベリウス・コンクールと88年パガニーニ国際コンクール等の優勝により、全ヨーロッパで名声を獲得。以来、世界の主要オーケストラと共演を果たしている。室内楽にも力を入れ、指揮者としても活躍の場を広げ、高く評価されている。
ソニー・ミュージック

 

 



スポンサーリンク

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前 

 

メールアドレス 

 

URL (空白でもOKです)

 

コメント

トラックバックURL: 
最近の投稿
カテゴリー
メルマガ登録
関連サイトへのリンク
ぶろぐ村

メタ情報