クラシックの名盤 通勤時ベートーヴェン症候群になりました

目安時間:約 4分
  • 人気ブログランキング

ベートーヴェンが人生を狂わす

ルードヴィッヒ・ヴァン・ベートーヴェン(1770-1827)

この人が248年前、ドイツのボンに生まれたため、人生を狂わせた人は
それこそたくさん、たくさんいるでしょう。

 

この人の曲を聴いて、音楽家の道を志さした人。
それは良いが、音楽で食っていくなんて大変なこと。

 

一流の音楽家になったけど、何度演奏しても満足出来ず、
何度もステージ、レコードで演奏して気が付いたらあの世とか。

 

現代は、ベートーヴェンに魅せられて、同曲異演の演奏を求め、
CDを片っ端から買い漁り、家では部屋いっぱいのCDに埋もれ、
家族からは変人扱いされるコレクター。

 

聴く時間もないのに、次から次へとベートーヴェンのCDを買い込み、
生きている内に全部聴き通せるか、なんて天を仰ぐサラリーマン。

 

僕なんか、その典型だろうね。



ベートーヴェンの交響曲全集を見ると買っていた!?

僕の部屋には、ベートーヴェンの交響曲全集のCDセットが何組あるのだろう。

 

フルトヴェングラーで数セット、トスカニーニで2セット、カラヤンで2セット、メンゲルベルク、ワルター、クレンペラー数種類、アンセルメ、バーンスタイン、シューリヒト、ヨッフム、ベーム、モントゥー、シュミット・イッセルシュテット、ケンペ、コンビチュニー、クリップス、ブロムシュテット、ヴァント、朝比奈隆、山田一雄、岩城宏之、ムーティ、アーノンクール、などなど、

 

まだまだここに書ききれないほどの指揮者の演奏があると思う。

これだけ所有しているもったいないのは、聴かない事。

 

聴かないと意味ないよね。

 

そこで僕は考えた。
聴く時間がないのなら、通勤時に聴こうと。

 

僕が通勤に使っている時間は、1日約2時間40分から50分。

 

これだけの時間にCDを聴けば、1日2枚、3日で全集は聴かれるな、
ということは1ヶ月10セットは聴かれるな、

 

そしてブログにレビューも書けしな。

ということで、早速、今日から。

 

1番手は、ムーティ指揮フィラデルフィア管。

特に理由ないけど最初にジャケットが目に付いたので。



にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村

クリック応援お願いします。

  • 人気ブログランキング

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 






最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
タグ
ぶろぐ村

人気ブログランキング