クレンペラー ベートーヴェンの第5 ’34年 ロス・フィルとの狂気

目安時間:約 9分
  • 人気ブログランキング

僕の敬愛する音楽評論家に宇野功芳さんがいます。

中学生時代から宇野さんの評論に接し、レコードを買うときは、

宇野さんの評論を参考にしてよく購入したものです。

 

なんと言っても当時、中学生、高校生の僕にとっては、

LP2000円から2500円は非常に高価なものでした。

 

だから選びに選んで、何度も悩んで購入したものです。

 

そして、僕はいつか宇野さんのような

クラシック音楽の評論家になれたらいいなぁ、と漠然に思っていました。

 

時は流れ、あれから50年近く経ちました。

宇野さんは、2016年に他界されましたが、

僕のあの頃の漠然として夢は、ささやかながらインターネットの普及で、

 

ブログという発信手段ができたことで、

勝手に自分の意見を発信できる場が出来て、このブログを続けています。




クレンペラーの名盤 全名演、名盤をレビューしたい

 

宇野功芳氏の著書に

フルトヴェングラーの全名演名盤 (講談社プラスアルファ文庫)という

力作があります。

 

執筆依頼から5年間もの年月を重ね、

平林直哉氏の強力なサポートもあり完成した本です。

 

宇野氏は仕事としてまとめられたのですが、

僕は、クレンペラーに関して同じようにまとめたいと考えています。

 

さて、クレンペラーの録音がどれくらいあるのでしょうか?

クレンペラーとの対話 ピーターヘイワース編

巻末にディスコグラフィーとしてまとめられているのでありがたいので、

まずはこれを順に聴いていこうと思っています。

 

古いものは1920年代のSP録音(78回転)時代のものからあります。

あとは僕が入手できるかどうかもあるので、この本のディスコグラフィーを参考に

持っているCD、LPから順に聴いていこうと考えています。

 

65歳まで(あと4年)には、まとめたいですね。

 



 

 

クレンペラーの名盤 1934年ロスアンジェルスフィルとのドキュメンタリー

 

Disc 1
1.(00:33) Radio Annoucement(ナレーター)

 

2.(07:30)ジュゼッペ・ヴェルディ - Giuseppe Verdi (1813-1901)
歌劇「シチリア島の夕べの祈り」 2.
I vespri siciliani: Overture

 

ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン - Ludwig van Beethoven (1770-1827)
3.-6.(32:02)交響曲第5番 ハ短調 「運命」 Op. 67
Symphony No. 5 in C Minor, Op. 67

3.(07:26)I. Allegro con brio
4.(09:40)II. Andante con moto
5.(05:01)III. Allegro
6.(09:55)IV. Allegro

 

リヒャルト・ワーグナー - Richard Wagner (1813-1883)
7.(09:16) 楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」 - 第1幕 前奏曲 7.
Die Meistersinger von Nurnberg (The Mastersingers of Nuremberg), Act I: Prelude

ロサンゼルス・フィルハーモニー管弦楽団 - Los Angeles Philharmonic Orchestra
オットー・クレンペラー - Otto Klemperer (指揮)
録音: 1 January 1934, Civic Auditorium, Pasadena, CA

Klemperer in Los Angeles

 

2枚組から1934年1月1日のラジオ放送からの復刻録音を聴きました。
まあ、ひどい音です。

 

この録音を最初に知ったのが、アリアCD店主・松本大輔氏の

クラシックは死なない!―あなたの知らない新名盤で、

音は最悪、演奏は異常というコピーを見て、聴くしかないな
と覚悟を決めて聴きました。

 

いや、音はひどいし、終楽章で男性の声、ラジオ放送だったことを考えると混線していたのか、

と思われるような音声まで入っていました。

 

でも、演奏は凄いです。

この当時まで40代だったクレンペラーの演奏を知るという

ドキュメンタリーとして最高の資料だと思います。

 



クレンペラーの名盤 ロサンジェルス・フィルハーモニー時代

 

録音を聴いていて、あれっ!?と思うのは、

ベートーヴェンの第5交響曲の第一楽章が終わると拍手が起こっています。

 

聞くところによると、当時のロサンジェルスは、

まだクラシック音楽をフルオーケストラで聴くということが浸透しておらず、

聴衆も慣れていなかったようです。

 

本場ドイツでキャリアを積んできたクレンペラーにとって、

ナチスに追われ亡命してきたとはいえ、

クラシック音楽に後進的だったロサンジェルスでの活動は、じれったくもあり、

逆にやりがいもあったのかもしれません。

 

記録によると、
当時のクレンペラーはまだ十分とはいえなかった
ロサンジェルスのクラシック音楽の環境を少しでも向上させるべく、

 

ラジオで解説をしたり、ハリウッドボウルで演奏したり、
出資者たちに向けて演説をしたりと非常に熱心に活動していたということです。

 



まとめ

クレンペラーは、1933年にロサンジェルス・フィルの音楽監督に就任し、

オーケストラの技術向上と当地へのクラシック音楽普及に努めましたが、

1939年に脳腫瘍が見つかりました。

 

9月にボストンで専門医の手術を受け、幸いもの腫瘍の摘出に成功しました。

 

12月にはベッドから起き上がれるようになったものの
髄膜炎もあって右半身に麻痺が残る状態で、

 

さらに手術の影響で長期の「躁状態」となり、不適切な発言と、
モラル上、問題の多い行動によるトラブルも多発。

 

ロサンジェルス・フィルを解雇されるなど危機に追い込まれることになります。

ここからまたクレンペラーの苦難の歴史が始まるのです。

 




音楽(クラシック) ブログランキングへ

クリック応援お願いします。

  • 人気ブログランキング

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 






メルマガ登録
最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
タグ
ぶろぐ村

人気ブログランキング