クレンペラー ベートーヴェン 交響曲全集 ウィーン芸術週間ライブ

目安時間:約 7分
  • 人気ブログランキング

こんにちは。
ともやんです。

 

まさに聳え立つ巨峰!

 

クレンペラー+フィルハーモニア管による、1960年ウィーン楽友協会に於けるベートーヴェン・ツィクルス。

 

有名なライヴ録音です。

 

厳しいリズム感、木管に対しての自由な飛翔は、聴いていて姿勢を正したくなるほどです。

 

短期間で一気に演奏されたこのツィクルスは、巨匠も余程体調が良かったのか、怒鳴り声も至る所ではっきり聴かれます。

 

ウィーン芸術週間の聴衆も納得の名演として語り継がれている超名演です。

 

スポンサーリンク

クレンペラーのベートーヴェン交響曲全集 1960年5月29日ライブから

 

クレンペラー指揮フィルハーモニア管弦楽団のベートーヴェン交響曲はツィクルスは、

1960年5月29日を皮切りに、5月31日、6月2日、6月4日、6月7日に行われました。

 

初日を飾ったのは、第2番、第3番“英雄”でした。

 

クレンペラー&フィルハーモニア管 ベートーヴェン交響曲第2番

ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン - Ludwig van Beethoven (1770-1827)
交響曲第2番 ニ長調 Op. 36

Symphony No. 2 in D Major, Op. 36

 

1.(13:24) Adagio molto - Allegro molto
2.(11:55) Larghetto
3.(03:48) Scherzo
4.(07:09) Allegro molto
total(36:16)

 

フィルハーモニア管弦楽団?-?Philharmonia Orchestra
オットー・クレンペラー - Otto Klemperer (指揮)
録音: 29 May 1960, Vienna, Austria

 

第2番は、75才のクレンペラーが、若々しいフレッシュな演奏を展開しているのに心が打たれます。

 

颯爽としたテンポで生き生きとして躍動感溢れる演奏は、演奏者を伏せて聴くとクレンペラーとは思えないくらいです。

クレンペラー&フィルハーモニア管 ベートーヴェン交響曲第3番“英雄”

交響曲第3番 変ホ長調 「英雄」 Op. 55
Symphony No. 3 in E-Flat Major, Op. 55, "Eroica"

 

1.(15:46) Allegro con brio
2.(14:50) Marcia funebre: Adagio assai
3.(06:15) Scherzo: Allegro vivace
4.(12:37) Finale: Allegro molto
total(49:28)

     

    フィルハーモニア管弦楽団?-?Philharmonia Orchestra
    オットー・クレンペラー - Otto Klemperer (指揮)
    録音: 29 May 1960, Vienna, Austria

    スポンサーリンク

    第3番英雄は前年のスタジオ録音では、内省的な印象を受けた英雄も少し速めテンポで、活気あふれる雄渾な演奏を展開しています。

     

    出だしは比較的素っ気ないですが、少しずつテンションが上がって行って徐々に入魂の演奏になっていきます。

     

    何と言っても内声部の活発な動きもよく捉えられていて聴いていて本当に引き込まれますよ。

     

    クレンペラーファン必聴の名演・名盤です。

     

    クレンペラー+フィルハーモニア ベートーヴェン・ツィクルス・イン・ウィーン

    クレンペラー ベートーヴェン交響曲全集 1960年ウィーン芸術週間

     

    ウィーン芸術週間出演のため、手兵フィルハーモニア管弦楽団を率いてウィーンを訪れたクレンペラーは、

    体調も絶好調だったようで、ベートーヴェンの連続演奏会を大成功に導きました。

     

    初日の5月29日には、得意の『英雄』と第2番ほかを演奏。

     

    この日は同じ楽友協会大ホールで、

    昼間にはブルーノ・ワルター指揮ウィーン・フィルにより、

    マーラーの4番と『未完成』が演奏されたという記念すべき日で、

    情緒豊かなワルターの演奏会に対して、

     

    クレンペラーの演奏会は、聳え立つようなスケールと力強さで迫る『英雄』など対照的なものだったそうです。

     

    また、この演奏会を当時、会場で聴いていた作曲家で指揮者の外山雄三氏は、

     

    「指揮はクレンペラーですばらしかった。

    フィルハーモニアというのも我々がレコードで聴くのと全く同じ音ですよ。

    非常に艶がある。ツヤツヤしている。あんな艶のあるオーケストラは聴いたことがない。

    それにアンサンブルが完璧です。クレンペラーは非常に偉大な人格だから、かれの人間でもって非常にすばらしい演奏になるのです」
    (レコード芸術 昭和35年8月)

     

    と激賞していました。

    スポンサーリンク

    ただ残念なのは、1960年という時代にもかかわらず、モノラル録音です。

     

    でもご紹介するCDは、楽器のバランスも良くビビりもなく音質もクリアで、木管楽器の表情も良くとらえていると思います。

     



    スポンサーリンク
    • 人気ブログランキング

    コメントフォーム

    名前

     

    メールアドレス

     

    URL

     

     

    コメント

    トラックバックURL: 
    最近の投稿
    アーカイブ
    カテゴリー
    タグ
    メルマガ登録
    ぶろぐ村