グスタフ・クーンの名盤 ベートーヴェン交響曲第7番が凄い!

目安時間:約 4分
  • 人気ブログランキング

こんにちは。

ともやんです。

 

ベートーヴェン:交響曲第7番 イ長調 作品92
グスタフ・クーン指揮
ボルツァーノ・トレント・ハイドン管弦楽団
2005年11月~2006年5月ライブ録音

クーン&ボルツァーノ・トレント・ハイドン管弦楽団のベートーヴェン交響曲全集より

ベートーヴェン: 交響曲全集+クーン&ヴィンター: 交響曲を語る

クーン&ハイドン管のCDは、中古店で偶然見つけ出した名盤です。

僕は定期的に新宿にあるディスクユニオンのクラシック館に立ち寄ります。

 

お店に入るとまず僕はベートーヴェンの交響曲コーナーに向かいます。

そこで自分の勘を働かせて、CDをチェックしていくのです。

 

持っていないものはないか?

名演、迷演の予感を感じさせるものはないか?

 

このクーン&ハイドン管の全集CDは、そんな中でも名演の予感がありました。

 

告白しますが、僕は最初、録音も新しいことから、古楽器演奏で、クーンも30才から40才の若手か、と思っていたくらいです。

でも聴いてみて驚き、正統派の名演なのです。

 

なんといっても明るく逞しいベートーヴェンを聴かせてくれます。

この全集の中でも名演は、第3番英雄、第4番、そして第7番です。

特にこの7番は、内声部の充実が凄いです。

ゴリゴリ、ゴリゴリと内声部の躍動感がたまりません。

こんな名演に当たることもあらるので、中古店通いは止められません。

 




グスタフ・クーンの名盤 ベートーヴェン交響曲第7番

 

ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン - Ludwig van Beethoven (1770-1827)
交響曲第7番 イ長調 Op. 92
Symphony No. 7 in A Major, Op. 92

 

ボルツァーノ=トレント・ハイドン管弦楽団 - Bolzano-Trento Haydn Orchestra
グスタフ・クーン - Gustav Kuhn (指揮)

 

1.(14:44) I. Poco sostenuto - Vivace
2.(09:14) II. Allegretto
3.(09:10) III. Presto- Assai meno presto
4.(09:39) IV. Allegro con brio
total(42:47)

 

ベートーヴェン: 交響曲全集+クーン&ヴィンター: 交響曲を語る

 

グスタフ・クーンとボルツァーノ・トレント・ハイドン管弦楽団&合唱団によるベートーヴェンの交響曲全集に、クーンと音楽学者フランツ・ヴィンターの対談「ベートーヴェンの交響曲について」を加えたマニア向けの特装盤BOX。ナクソス・ジャパン

 



  • 人気ブログランキング

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 






最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
タグ
メルマガ登録
ぶろぐ村