シェルヘンのベートーベン交響曲全集 最高にエキサイティングなライブ

目安時間:約 6分
  • 人気ブログランキング

ベートーベンの交響曲全集は数あれど、

 

ヘルマン・シェルヘンが、ルガノ放送管弦楽団を指揮した

 

65年のライブ録音ほど、ワクワクさせてくれる録音は少ないでしょう。

 

 

シェルヘンは、このライブの録音の翌年1966年6月に亡くなっているので、

 

まさに最後の生命の炎を燃やすかのような凄まじい演奏です。

 

 

シェルヘンが、オーケストラを叱咤激励しながら盛り上げて行くときの声も

 

随所に収録されていて、ステレオ録音も生々しく鮮度良好で、

 

まさに目の前で繰り広げられている演奏と言う臨場感があります。

 

 

今日は、全体をサクッとご説明して、次回以降、特に印象的な演奏について深堀します。



シェルヘンのベートーベン交響曲全集 コンサート開催日

 

ルードヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン(1770-1827)

 

交響曲第1番ハ長調作品21
交響曲第2番二長調作品36
1965年1月8日 スイス・ルガノ

 

交響曲第3番変ホ長調作品55"英雄"
1965年2月12日 スイス・ルガノ

 

交響曲第4番変ロ長調作品60
交響曲第5番ハ短調作品67
1965年2月26日 スイス・ルガノ

 

交響曲第6番ヘ長調作品68"田園"
1965年3月12日 スイス・ルガノ

 

交響曲第7番イ長調作品92
交響曲第8番ハ短調作品93
1965年3月19日 スイス・ルガノ

 

交響曲第9番ニ短調作品125"合唱付き"
1965年4月5日 スイス・ルガノ

 

ヘルマン・シェルヘン(1891-1966)指揮
ルガノ放送管弦楽団

 

シェルヘンのベートーベン交響曲全集は、べつの録音もありますが、
別の指揮者か思う位、冷静な演奏を展開しています。

 



シェルヘンのベートーベン交響曲全集 トスカニーニを彷彿

 

僕が、シェルヘンのこの録音を聴いてまず思ったのは、

 

トスカニーニの演奏を良い録音で聴くと

 

こんな感じになるのではないかということです。

 

 

トスカニーニは、ベートーベン交響曲全集を2回録音していますが、

 

2回目の録音時期が、50年代の初めで、当然モノラル録音で、

 

デッドな録音のせいもあり、なんか怒っているように聴こえるのですが、

 

実際の演奏は当然もっと響きに潤いうがあったと思われます。

 

 

しかも速いテンポとハイテンションは、まさにトスカニーニを彷彿とさせます。

 

 

まとめ

 

このCDには、第5番のリハーサル風景の録音も入っていて、

 

その堪能なイタリア語と若々しく活気のある声に驚かされます。

 

 

そう言えば、ブルーノ・ワルターのリハーサル録音を聴いた時も

 

とても70才を超えた老人の声ではなく、若々しいものでした。

 

 

この全集はCDが何種類か出ていますが、

 

このMemories Excellence盤が、余計なリマスターもされてなくていいですよ。

 

僕はこのレーベルのものはデジタル・リマスターしたものは

 

音が生々しく鮮度が高いように聴こえるので、よく購入します。




  • 人気ブログランキング

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 






メルマガ登録
最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
タグ
ぶろぐ村

人気ブログランキング