トスカニーニ ベートーヴェン交響曲全集 燃焼、炸裂する39年盤

目安時間 5分

こんにちは。

ともやんです。

 

トスカニーニのベートーヴェン全集は、何種類かあるようですが、有名なのでが、1939年のツィクルスと50年代の録音です。

 

トスカニーニは、1954年の87才まで現役でしたが、39年は、70才を越していたと言え、まだまだ老け込む感じはありませんでした。

 

もっとも50年代の録音も、これが80代の演奏?と思うほど、快速テンポでしたが。

スポンサーリンク

トスカニーニのベートーヴェン交響曲第2番と第4番

 

ベートーヴェン(1770-1827)

 

交響曲第2番 ニ長調 作品36
交響曲第4番 変ロ長調 作品60

 

アルトゥーロ・トスカニーニ指揮
NBC交響楽団
1939年 NBCスタジオ 8H

 

第2番が圧倒的な名演です。
第1楽章の展開部の高速での盛り上げは興奮せずにはいられません。

 

この1939年のベートヴェン・チクルスのCDのキャッチコピーは、

 

「老け込む前のトスカニーニが燃焼したNBC響との壮絶なライヴ!」

 

なんですが、そのものズバリの演奏です。

 

録音当時、既にトスカニーニは、70才を越えていましたが、たたき上げの芸術家トスカニーニにとってはなんでもなかったようです。

 

しかもつい後年の52年の全集と比べてしまいますが、リマスターが優れているのか、39年盤の方が音の生々しさは勝っています。

 

この39年の演奏は聴かずに死ねないベートーヴェンの交響曲全集です。

 

 

トスカニーニの交響曲第7番と第8番

 

ベートーヴェン(1770-1827)
交響曲第7番 イ長調 作品92
交響曲第8番 ヘ長調 作品93

 

アルトゥーロ・トスカニーニ指揮
NBC交響楽団
1939年 NBCスタジオ 8H

 

僕はトスカニーニをいままであまり聴いてきませんでした。

スポンサーリンク

理由は、なんといっても残されている録音が古いからで、しかもトスカニーニの明快でストレートな演奏スタイルと相まって
なんか干物のベートーヴェンやブラームスを聴いているように感じがしていたからです。

 

でもそんな僕にトスカニーニは凄いんだと思知らせてくれたのが、1939年のベートーヴェン・チクルスの録音なんです。

 

これを聴く前には1952年録音の全集を聴いていたんだけど音の生々しさは、この39年盤の方があるんですね。

 

きっとリマスターの違いだと思います。

 

評論家の福島章恭氏は、身もフタもない話と断りながら、CDでは、トスカニーニの凄さは分からないと断言しています。

初期の頃のLPの方が断然良い音をしていて瑞々しいカンタビーレが聴けるそうです。

 

こういう話はよく聞くのですが、デジタル録音にしたメリットって結局、長時間録音や複製を作りやすいなどで、音そのものは、アナログの方が良かったのかもしれませんね。

 

さて肝心の演奏のコメントですが、これは評論家・許光俊氏のコメントを引用したい。

 

やはりトスカニーニはとんでもない指揮者だったのだと私は思う。
たとえ、1939年に録音されたベートーヴェンの交響曲第8番がある。
これが最初から異常なテンションの圧倒的な演奏なのである。
特に第一楽章後半の緊張感の高まりにはどきどきさせられる。
トスカニーニが嫌いな人でも、これを聴けば、

彼が突出した音楽家であったことは否定できないだろう。

 



スポンサーリンク

コメントフォーム

名前 

 

メールアドレス 

 

URL (空白でもOKです)

 

コメント

トラックバックURL: 
最近の投稿
カテゴリー
メルマガ登録
関連サイトへのリンク
ぶろぐ村

メタ情報